「ホワイトハウス」という名前の由来を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

大統領官邸の成立

アメリカ合衆国の大統領官邸が完成したのは、1800年、第2代大統領のジョン・アダムスのときです。
このころは、今と違って真っ白な建物ではありませんでした。

戦火で焼失

ヨーロッパのナポレオン戦争のあおりをうけ、米英戦争(1812〜1814)がおきました。

この戦争で大統領官邸も大半が焼失し、1815年に全面改築することになりました。

そのとき、火事で焼け焦げて黒くなった部分を隠すために、真っ白なペンキで塗りつぶしました。
それ以来、大統領官邸は真っ白な建物なのです。

また、「ホワイトハウス」を正式な呼び方として使ったのは、26代大統領のルーズベルトが便箋に「ホワイトハウス」の名前をいれてからです。

ちなみに

アメリカ国防総省のことを「ペンタゴン」といいますが、これは、建物が5角形の形になっているからです。

5角形をペンタゴンといいます。

ちなみに、6角形は「ヘキサゴン」です。
クイズヘキサゴンは6人からはじまりますね。

詳しくは欧米の数詞参照。

(06/10/05)

次の記事 イケメンを2枚目という由来 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/05)掲載

スポンサード リンク