日本という国名の由来を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

大宝律令

大宝元年(701年)に大宝律令が制定され、国号を「日本」と定めました

大宝律令は日本最初の完成された成文法で、大和朝廷が成立してまだあまりまもなく、日本という国は生まれたてといったころです。

つまり、日本は生まれて間もないころに「日本」と名乗ったということですね。

「日本」と書いてなんと読むか

はじめは、「やまと」とか「ひのもと」とかよんでいたようですが、奈良時代以降、漢字の知識が広がり、訓ではなく音読みで「にほむ」と発音するようになりました。

室町時代のころになると、東国の発音で「にほん」「にっぽん」となったようです。
現在も同様ですが、昭和9年(1934年)に一時「にっぽん」に統一されましたが、現在はどちらでも通用します。
国際的にはやはり「にっぽん」を使うようですね。
「日本代表(にっぽんだいひょう)」「日本選手(にっぽんせんしゅ)」など。

「ジャパン」の由来

ついでにいうと、現在、シナ語では「日本」は「リーベン」と発音しますが、昔は「ジッポン」と発音してました。
シナ南部ではいまでも「ジッポン」、「ジッパン」などと発音しています。

この「ジッポン」をマルコ・ポーロが「ジパング」と記録したことからヨーロッパに伝わり、英語では「ジャパン」、ドイツ語では「ヤーパン」、スペイン語では「ハポン」などとなりました。
「JIPANG」の「J」の発音の違いでY音やH音になるようです。

(06/10/06)

前の記事 イケメンを2枚目という由来 に戻る
次の記事 「正露丸」の話 に進む

  

このページの更新状況

(06/10/06)掲載

スポンサード リンク