イケメンを2枚目という由来を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

歌舞伎の表看板

昔は、芝居小屋の表正面に、一座の主な役者8人の絵を描いて掲げていました。

まず、「書き出し」からはじまって「二枚目」、「三枚目」、「中軸(なかじく)」、「敵役(かたきやく)」、「実敵(じつがたき)」、「実悪(じつあく)」、最後が「座頭(ざがしら)」となっていました。

「二枚目」には、男役で人気のある美男子役の役者が描かれることになっていました。

「三枚目」はこっけいな役どころの脇役が描かれていました。

一般的にも使われる

このことから転じて、男前の役者を「二枚目」こっけいな道化役の役者を「三枚目」と呼ぶようになり、一般的にも、「あの人は二枚目ですね」とか「私のような三枚目が…」とか使われるようになりました。

ちなみに、はじめのころは、劇団の座長を「立役(たちやく)」、次に偉い人を「二枚目」、3番目に偉い人を「三枚目」と呼んでいました。
それが徐々に変わっていって、役柄から、男性の主人公を演じる役者を「立役」、色男を「二枚目」、道化役が「三枚目」、老人に扮する役者を「老役(ふけやく)」、女に扮する役者を「女形(おやま)」という風になりました。

この「女形」も、顔見世興行のときはやぐらの下に4枚の絵看板を掲げていたそうです。

(06/10/06)

前の記事 「ホワイトハウス」という名前の由来 に戻る
次の記事 日本という国名の由来 に進む

  

このページの更新状況

(06/10/06)掲載

スポンサード リンク