世界三大ミステリ作家

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ミステリについて

「ミステリ」は狭義には推理小説をさしますが、元は「ミステリー(mystery)」なわけで、神秘的とか不思議なこととかに使われます。

文学のジャンルでは、「ミステリー」という言葉と、ジャンルとしての推理小説を区別するため、「ミステリ」と伸ばしません。

つまり、文学作品で「ミステリ」といえば、「推理小説」のことです。

アガサ・クリスティ

オリエント急行の殺人

オリエント急行の殺人

アガサ・クリスティ(1890年9月15日〜1976年1月12日)は、イギリス生まれの作家です。

「ミステリの女王」と呼ばれ、英国推理作家の「ディテクションクラブ」の4代目会長です。

フルネームは、「アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ」。

ナイトに叙勲されているので、名前のあとに「,DBE」をつけ、敬称はデイムです。

代表作は「オリエント急行殺人事件」、「ABC殺人事件」など、とてもたくさんあります。

名探偵ポアロの生みの親です。

聖書とシェイクスピアの次によく読まれているという説もあるくらい人気があります。

「史上最高のベストセラー作家」としてギネス認定されています。

子供のころ、インフルエンザにかかり、読む本がなかったから詩や小説を書くようになったそうです。

1926年には失踪事件を起こしています。

エラリー・クイーン

Yの悲劇(DVD)

Yの悲劇(DVD)

エラリー・クイーンは、20世紀アメリカの推理作家ですが、フレデリック・ダネイとマンフレッド・ベニントン・リーの従兄弟二人が探偵小説を書くときのペンネームで、実在の人物ではありません。

また、物語中の名探偵の名前でもあります。

別名義として、「バーナビー・ロス」としても4作品を発表しています。

日本では、バーナビー・ロス名義の「Yの悲劇」がドラマ化されたりしていますね。

ジョン・ディクスン・カー

帽子収集狂事件

帽子収集狂事件

ジョン・ディクスン・カー(1906年11月30日〜1977年2月27日)は、アメリカの推理作家です。

カーター・ディクスン、カー・ディクスン、ロジャー・フェアベーンというペンネームも使っています。

「不可能犯罪の作家」とも言われています。

アメリカ人としてはじめてイギリスのディテクションクラブに招聘されています。

管理人が個人的に尊敬する江戸川乱歩が激賞していました。

初期の作品に登場する悪魔的な性格のフランス人探偵「アンリ・バンコラン」は、魔夜峰央の漫画「パタリロ!」に登場する人物「ジャック・バンコラン」の名前の元となっています。

(09/06/25)

前の記事 世界三大SF作家 に戻る
次の記事 世界三大美女 に進む

  

このページの更新状況

(09/06/25)掲載
(11/07/29)更新

スポンサード リンク