世界三大喜劇王

スポンサード リンク
スポンサード リンク

チャールズ・チャップリン

[DVD]チャーリー・チャップリン メモリアルコレクション 9 ◆22%OFF!

[DVD]チャーリー・チャップリン メモリアルコレクション 9 ◆22%OFF!

チャールズ・チャップリン(1889年4月16日〜1977年12月25日)は、ロンドン出身の映画俳優です。

ユダヤ人といわれることがありますが、ユダヤ人ではありません。

代表作は「黄金狂時代」「独裁者」「モダン・タイムス」など。

チャップリンが映画で使用したステッキは、滋賀県草津市の特産品、地元の竹で作られているものです。

当時のアメリカで女性関係がたびたび問題としてとりあげられました。

結婚相手が皆10代だったことが当時のアメリカでは破廉恥とされていましたし、女優との不倫騒動が訴訟に発展したり、妻に離婚訴訟を起こされた上、私生活を暴露されたり。

また、彼のファシズムを批判する作風が、共産主義を擁護するかのようにとられたことで、非難されることもありました。

トルーマン大統領のときに、アメリカから追放されてしまいます。

しかし、アメリカの大衆の間では、チャップリンの政治思想よりも、女性問題からの道徳的批判が多く、キリスト教の精神にあわないなどの考えから、この追放問題をとらえていたようです。

2006年に日本チャップリン協会が設立され、名誉会長は黒柳徹子、最高顧問にジョゼフィン・チャップリン(チャップリンの次女)、名誉顧問に山口淑子が就任しました。

ハロルド・ロイド

【DVD】ロイドの牛乳屋/ハロルド・ロイド ハロルド・ロイド

【DVD】ロイドの牛乳屋/ハロルド・ロイド ハロルド・ロイド

ハロルド・ロイド(1893年4月20日〜1971年3月8日)はアメリカのコメディアンです。

1920年の撮影中の事故で右手の親指、人差し指を失い、その後は義指をつけて演技していました。

「要心無用」で時計の針からぶら下がるシーンは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「プロジェクトA(ジャッキー・チェン)」でもマネていました。

セルフレームの丸い眼鏡を「ロイド眼鏡」というのは彼のトレードマークから。

1952年、チャップリンが赤狩りのためアメリカから追放された同じ年、ロイドは「コメディアンの巨匠、及びよき市民として」アカデミー特別賞を授与されました。

バスター・キートン

喜劇王 バスター・キートン DVDセット

喜劇王 バスター・キートン DVDセット

バスター・キートン(1895年10月4日〜1966年2月1日、本名:ジョセフ・フランク・キートン)はアメリカの喜劇俳優です。

「けっして笑わない喜劇王」「偉大なる石の顔」といわれるように、無表情で体をはったアクションやナンセンスなギャグが特徴。

代表作は「キートンのセブン・チャンス」「キートンの探偵学入門」など。

子供のころ、階段から転落したときにまったく泣かなかったのを見て、ハリー・フーディーニ(有名なマジシャン)は「What a buster!(なんて頑丈なんだ)」といったそうです。

そこから父親が芸名をつけたということです。

危険なシーンを撮影していたとき、首の骨を骨折したにもかかわらず、気づかずに放置、後に治った跡が見つかりました。

本人は「頭痛」くらいにしか認識してなかったそうです。

一時アルコール依存症となり、破産、2度の離婚などで「発狂」と新聞に書かれるはめになったことがあります。

(09/06/19)

次の記事 世界三大作曲家 に進む

  

このページの更新状況

(09/06/19)掲載
(11/07/25)更新

スポンサード リンク