世界三大建築家

スポンサード リンク
スポンサード リンク

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト(1867年6月8日〜1959年4月9日)は、アメリカの建築家です。

旧帝国ホテルなど、日本でも作品を手がけ、日本の建築家にも多大な影響を与えました。

浮世絵を収集していたそうです。

不倫関係にあったチェニー夫人と二人の子供、弟子たちは、発狂した使用人によって放火、惨殺されています。

アカデミー賞女優のアン・バクスターは彼の孫です。

ミース・ファン・デル・ローエ

ミース・ファン・デル・ローエ

ミース・ファン・デル・ローエ

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(1886年3月27日〜1969年8月17日)は、20世紀モダニズム建築を代表するドイツの建築家です。

ポリシーは「Less is more.(より少ないことは、より豊かなこと)」。

鉄とガラス、コンクリートを用いた高層建築のパイオニアとされています。

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエと日本

ル・コルビュジエと日本

ル・コルビュジエ(1887年10月6日〜1965年8月27日)は、スイス生まれ、フランスの建築家です。

本名は「シャルル・エドゥアール・ジャンヌレ・グリ」といいます。

「住宅は住む為の機械」として、合理的で無機質な建築が特徴です。

近代建築の五原則を提唱、近代建築の祖とされています。

前の記事 世界三大詩人 に戻る
次の記事 世界三大ハム に進む

  

このページの更新状況

(09/08/12)掲載

スポンサード リンク