大阪の雑学

スポンサード リンク
スポンサード リンク

大阪の歴史

大阪府
大阪府の位置

大阪は、瀬戸内海を通る海上運輸の終点として古代から重要視されていて、住吉津(すみのえのつ、津は港のこと)や難波津(なにわのつ、なにわづ)が置かれていました。

また、大化の改新後に即位した孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや、大阪市中央区)は日本最初の本格的な首都でした。

平安時代には、京都と淀川でつながっていたため、やはり重要な場所として考えられていました。

律令体制の国としては、和泉国、河内国、摂津国にあたります。

秀吉の時代に大きく発展し、その後もずっと「天下の台所」として繁栄しました。

江戸時代には、世界初の公設先物取引所である「堂島米会所」が開かれました。

大阪府は1868年に設置され、廃藩置県によってできた周辺のいくつかの県を編入しながら、1887年に奈良県が分離して現在の領域になりました。

1970年には吹田市で万国博覧会が開催され、大盛況でした。

1995年の阪神淡路大震災では、震度4の揺れを記録し、ライフラインや交通機関などに被害がありました。
このとき、管理人は大阪市内に住んでいましたが、かーなーり怖かったです。

2008年の夏季オリンピックに立候補していましたが落選しています。

大阪の地理、気候風土

大阪府の面積は約1890平方キロメートルで、都道府県で2番目に小さいです。

気候は温暖で、真夏日や熱帯夜が非常に多いです。
逆に、冬日の日数は少なく、年間で0日の年もあります。

東京よりも「雪が降る日」は多いけど、「積もる日」は鹿児島くらいに少ないです。

オリックス・バファローズや、ガンバ大阪、セレッソ大阪などが本拠地をおいています。(阪神タイガースの本拠地、甲子園球場は兵庫県西宮市です。)

大阪の観光地など

日本で最も低い山「天保山」

天保山は、標高が4,35メートルの人工の山です。
江戸時代の天保年間にできました。

洪水の防止や、大型船入港をしやすくするなどの目的で、1831年より2年間かけて造られたそうです。

安治川河口を広げた時の大量の土砂を積み上げて、高さ20メートルほどの人工の山ができたそうです。

大正から昭和にかけての地盤沈下で標高が下がり、現在は地図には乗ってないらしいです。

その他の観光地

  • 世界で最も大きい魚であるジンベイザメがいる「海遊館」
  • なにわのシンボルタワー「通天閣」
  • 現在は公園になっていて、天守閣にも登って見学できる「大阪城」
  • 映画ファンでなくとも一度は行ってみたい「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)」
  • 国内有数の入場者数をほこる「天王寺動物園」
  • 吉本の芸人さんがライブをやってるお笑いの殿堂「なんばグランド花月劇場(NGK)」
  • 「えべっさん」で有名な「今宮戎神社」

地名のいわれ

大阪

大阪は、古くは「大坂」と表記されていて、大阪城を中心とした都市の名前でした。

この「大坂」は、どうやら浄土真宗の蓮如(戦国時代の宗教家。信長と争った。)が言い出したようです。

今の大阪城ができる前、その場所に大坂御坊(石山本願寺)を建立し、それまで難波(なにわ、浪華、浪花)とか浪速(なみはや)とかいわれていた地域を「大坂」と呼んだらしいです。

語源としては、大坂という地名があって、「大きな坂があったから大坂」とかいわれているようですが、蓮如以前は、「小坂(おさか)」といわれていたようなので、「大きな坂があるから大坂」というわけではないようです。

小さい坂があって、「小坂(おさか)」といっていた地名から、蓮如がなにかしらの思惑でもって「大坂(おおさか)」と言い出したんじゃないかなと思ってます。

表記としては、もともとは「大坂」と書くのが一般的だったのですが、「坂」の字が「土に返る」と分解できることから縁起が悪いということで、江戸時代のころに「大阪」と書くようになったようです。

その後、明治時代、大阪府設置のときに「大阪」と書くのが正式となったようです。

難波(なにわ)、浪速(なみはや)

大阪は、古くは神武の神話のころから「難波(なにわ)」「浪速(なみはや)」と呼ばれていました。

これは、淀川や大和川が大阪湾に流れ込み、速い流れを作り出していたためと思われます。

大きな川と海がつながるこの場所は、港として古くから発展していたようです。

大阪の文化

大阪人の性格

誰ともすぐにうちとけて仲良くなれる、よくしゃべる、ユーモアがある、商魂たくましい、グルメが多い、などのイメージがありますね。

活動的で新し物好き、外交的という評価と、その反面せっかちでけち、という評価をあわせもっているようです。

「京都十代、東京三代、大阪一代」という言葉があります。
その土地の人間になりきるために、京都では十代かかるが、東京では三代、大阪はその代でいいという意味です。

人なつっこい大阪のイメージをあらわしたものですね。

また、なにかにつけて「東京」をライバル視し、負けず嫌いなところがあります。

大阪人はせっかちということですが、横断歩道の信号が青になる前に渡り始める人が多く、信号に「あと10秒」というカウントダウンの電光掲示板がついてるところがあります。

お笑い

大阪人は、お笑いをこよなく愛していて、米沢彦八らが起源とされる上方落語、漫才、吉本新喜劇や松竹新喜劇などのお笑い文化が栄えています。

お笑い芸人も多く、大阪で売れてから東京進出、または大阪発の全国ネット出演というパターンで、大阪在住ながら全国で名が売れている芸能人も非常に多いです。

食文化

大阪は、昔から全国からあらゆる食材があつまる「天下の台所」だったために、独特の食文化があり、「大阪の食い倒れ」などといわれることもあります。

特産物といえるような食べ物はあげにくいですが、本格料理から庶民的なものまで、さまざまな料理が楽しまれています。

たこ焼き、お好み焼きなどの「粉モノ」と呼ばれるものが好まれていて、「各家庭にたこ焼き器がある」「お好み焼きをおかずにしてご飯を食べる」などと言われます。

また、ふぐ料理(全国の6割を消費)やクジラ料理なども好まれています。

焼肉の店も多く、日本でホルモン焼きが広まった最初の都市だそうです。

大阪発祥の食べ物としては、インスタントラーメン、酢昆布などがあります。

大阪出身の有名人

大阪を舞台にした小説やドラマなどはそれこそ無数にあり、また、大阪出身の有名人も非常に多く、キリが無いのでここではあげません。

その他、大阪の雑学

  • 和文通話表で、「お」を送る際に「大阪のオ」という。
  • Macintoshのフォントに「Osaka」という名前のものがある。
  • 人形浄瑠璃の発祥地であり本場である。
  • 大阪府の自転車保有率は全国トップ。

(08/09/11)

前の記事 香川県の雑学 に戻る
次の記事 鹿児島の雑学 に進む

  

この記事の更新状況

(08/09/11)掲載

スポンサード リンク