インドの首都、デリーと、黄金の四角形のムンバイ、コルカタ、チェンナイのインド4大都市の雑学。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「ムンバイ」「コルカタ」「チェンナイ」の改名

インド,ニューデリー,ムンバイ,コルカタ,チェンナイ
インドの「黄金の四角形」

ここしばらくの間に、インドの4大都市のうち3つまでが名称を変更しました。
イギリス植民地時代の名前が、もともとの名前にもどされたのです。

1995年、旧ボンベイが「ムンバイ」に変更されました。
この地はもともと、女神パールバティの化身であるムンバにちなみ、地元のマラティ語で「ムンバイ」とよばれていました。
「ボンベイ」はポルトガル語由来で、ヨーロッパ人来航後はずっとそうよばれていたのを、もとの地名にもどしたということです。

1997年8月、インドでは独立50周年を迎えました。
ナショナリズムの高まりから、英語表記の地名が問題になり、改名があいつぎました。

1998年に旧マドラスはタミル語の「チェンナイ」に、2001年に旧カルカッタは、女神の聖地「カーリーガート」に由来するベンガル語の「コルカタ」に改名されました。

首都はニューデリー?

インドの4大都市のうち、残る首都の「ニューデリー」ですが、「デリー」と表記されることもあります。

これは改名したわけではなく、間違いというわけでもありません。

もともと「デリー」というのが正しい都市の名前で、その中に、あとから「ニューデリー」という行政地区ができた、という経緯です。
つまり、首都は「デリー」でも「ニューデリー」でもどっちでも間違いではないようです。

ちなみに、「ベンガル語」などの「ベンガル」も、「バングラ」に改められています。
「バングラデッシュ」の語源ですね。

(06/12/23)

次の記事 世界で一番標高の低い町 に進む

  

この記事の更新状況

(06/12/23)掲載

スポンサード リンク