北海道の広さの理由についての雑学です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

北海道開拓時代

北海道
北海道

北海道の面積は非常に広く、東京都の約36倍、日本全体の面積の約21%も占めています。
なぜ、北海道だけこんなに大きいのでしょう。

かつては、北海道も3つの県にわけられていた時代がありました。

1872年、北海道の開拓使が設置され、本格的な開拓がスタートしました。
この開拓使は、すぐに廃止されて、「札幌」、「函館」、「根室」の3つの県に分割されました。
ところが、開拓を進めるにあたって、県が分かれていると、足並みがそろわなかったり、手続きが複雑になったりと、いろいろと不都合がでてきました。

結局、北海道庁が設置されて、北海道全体を管轄することになりました。
この北海道庁の長官は国の任命で、戦後になってから北海道知事を選挙で選ぶようになりました。

行政効率

新しい土地を開拓するのには、広いほうが便利だったために、北海道は広い、とういことですね。

逆に考えると、ほかの県が「小さい」、行政効率が悪い、となりそうですね。
事実、「道州制(全国を8つくらいの州にわけ、その下に市町村を置き、県は廃止する)」の導入も検討されています。
まあ、先の話でしょうけどね。

(07/01/26)

  

この記事の更新状況

(07/01/26)掲載

スポンサード リンク