本土の50倍の植民地をもつ国について紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

本土の50倍もの植民地

グリーンランド
グリーンランドの位置

かつて、アジアやアメリカ、アフリカなどはヨーロッパの植民地とされていました。
現在でも、「自治領」と名を変えて、わずかですが植民地が存在しています。

イギリスやスペイン、ポルトガルなどは、広大な海外領土をもっていましたが、そのほとんどが独立しています。
いまでもあるのは、イギリス領バミューダ諸島など、自治政府が置かれています。

さて、「本土の50倍もの植民地」ですが、これはデンマーク領グリーンランドのことです。
グリーンランドは、世界最大の「島」で、面積約216万平方キロメートル(日本の約6倍)あります。
それに対して、デンマーク本土は4万3千平方キロメートルですから、約50倍ですね。

グリーンランドの風土

グリーンランド
グリーンランド

グリーンランドは、約8割を氷河や万年雪に覆われていて、人が住めるのはわずかな沿岸部だけです。
真夏でも西日本の冬くらいの寒さです。

なのになんで「グリーンランド」なの?という疑問、ごもっともです。

グリーンランドと名付けたのは、10世紀のノルマン人「赤毛のエイリーク」。
彼は、「アイスランド」の名付け親でもあります。

アイスランドへの入植者を募集したとき、「氷の島」という名前のためにあまり人が集まらなかったので、今度はグリーンランドと名づけて入植者を募ったわけです。

移住した人たちはエイリークのことを嘘つきと思ったことでしょう。

実際ウソですから。

(07/01/06)

前の記事 世界地図を「アトラス」という理由 に戻る
次の記事 イギリスの国名 に進む

  

この記事の更新状況

(07/01/06)掲載

スポンサード リンク