ウイスキーについての雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

世界5大ウイスキー

世界のウイスキーの中で、有名なスコッチ、バーボンのほかに、アイリッシュ、カナディアン、そしてジャパニーズをくわえて、世界5大ウイスキーといわれています。

わが日本のウイスキーもなかなかのもんなんですね。

そういえば、シングルモルトにこだわって、ストレートで飲むひとも多いです。
彼らに言わせると、ロックや水割りは邪道だそうです。

ウイスキーの香りがもっとも際立つのは、アルコール度数が20度くらいのときだそうです。
つまり、ウイスキーと水を1:1に割ったときですね。
香り高いウイスキーを好まれる方は試してみてください。

「WHISKY」と「WHISK(E)Y」

ウイスキーの銘柄によって、「E」が入っているものと入ってないものがあります。
表記ミスではなく、どちらも正しいのです。

スコッチの本場、スコットランドを擁するイギリスでは、スコッチウイスキーには「E」なしの表記を使い、それ以外には「E」ありを使います。

アメリカでは逆に、バーボンなど国産ウイスキーに「E」あり、輸入ウイスキーに「E」なし、とします。
開拓時代にはバーボンは貴重品で、鍵(KEY)をかけて保管したからとか…。

日本では、国産ウイスキーは「E」なしの表記になっています。
これは、スコッチの流れをくむかららしいです。

(06/10/26)

前の記事 箸とレンゲ に戻る
次の記事 みんな大好き、「お寿司」の話 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/26)掲載

スポンサード リンク