焼酎に関するうんちくです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

蒸留して濃縮

焼酎は、酒かすや、米、麦、粟(あわ)、とうもろこし、芋、栗などを原料として、こうじをつくり発酵させたものを、蒸留してつくります。

もともとモンゴル人の酒らしいです。

日本へは、1600年ごろポルトガル人によってもたらされました。
意外ですね。

甲類と乙類

別に焼酎のランクわけではなく、作り方の違いです。

甲類

連続式の蒸留器で繰り返し蒸留した、アルコール度数36度未満のもの。

不純物がほとんど取り除かれるので、味や香りがなく、無色透明。
チューハイやサワーなどに向く。
梅酒の「ホワイトリカー」など。

乙類

単式の蒸留器で1度だけ蒸留する昔ながらのもの。

アルコール度数45度未満。
原料の味わい、香り、風味などがしっかりしていて、すこしくせがある。
「本格いも焼酎」などはこちら。

泡盛

沖縄につたわる焼酎の一種です。
粟(あわ)か砕けた米をつかって作ります。
なかには、100年以上も貯蔵、熟成したものもあります。

度数もたかく、「琉球のスピリッツ(アルコール度の高い酒。ウィスキーやウォツカなど。民衆に好んで飲まれている。)」ともいえるものです。

ついでに味醂の話

味醂(みりん)は、焼酎に米こうじと蒸したもち米をまぜて糖化し、1〜2ヶ月くらいでこしたものです。

現在、主に調味料としてつかわれますが、以前はそのまま飲んだり、正月の「おとそ」や「白酒」の原料にしたりしました。

また、「直し」といって、焼酎と混ぜたものも飲まれていました。

リキュールみたいですね。

(06/10/01)

前の記事 日本酒の話 に戻る
次の記事 スパゲティを食べるときの作法 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/01)掲載

スポンサード リンク