シュールストレミング

スポンサード リンク
スポンサード リンク

世界一臭い食べ物、シュールストレミング

世界一臭い食べ物として、最近有名になってきた(?)「シュールストレミング」。
缶詰なんですが、缶に詰めたあとも発酵が続いていて臭いガスが発生するため、缶が膨らんでくることが多いです。

そのガスが、缶を開けると吹き出てくるそうで…
気絶するほど臭いんだそうです。

シュールストレミングとは

シュールストレミングは、スウェーデンの有名な缶詰です。
主にスウェーデン北部で食べられていて、ほかの地域ではあまり食べられていないようです。

このシュールストレミング、ニシンの塩漬けを缶に詰めて発酵させたものなんです。
普通、缶詰って加熱殺菌されていますから、発酵はしないのですが、シュールストレミングは発酵している最中のニシンを殺菌せずに缶に密封するために、缶のなかでは発酵が続いているってことなんです。

発酵食品って、臭いものが多いですよね。

シュールストレミングもご他聞にもれず、非常に強烈に臭いそうです。

ちなみに日本では、JAS法によると殺菌していないため缶詰の定義にあてはまらないので、シュールストレミングに缶詰とは表記できませんん。

お味のほうは、塩味がかなり強く、臭いで風味はわからないそうですw

きっとスウェーデンではアンチョビのような食べ方(使い方)をするのかなと。
そのままでは塩辛すぎるので、パンや付け合せのジャガイモやたまねぎなどの料理と一緒に食べるようです。

シュールストレミングはどのくらい臭いのか

臭いを数値で表した、「アラバスター」という単位があります。
Auと表記します。

この数値が、8000Auを超える食べ物はシュールストレミングだけです。

ちなみに、日本で臭いと有名な「くさや」は、もっとも臭い焼きたてでも1200Auくらいだそうです。
約7倍近いですね。

世界で二番目に臭いとされる韓国のホンオフェ(生のエイを壷で発酵させたもの)が6200Auくらい。
大きく引き離されています。

あと、だいたい想像がつくとは思いますが…

手が臭くなります。

缶を開けるときに触ったり、食べるときに汁がついたりしますから。

なかなか臭いがとれないそうです。

あと、口臭も。

ゲップの臭いがキツイそうですw

通販で入手可能ですが、確かめてみる勇気あります?

前の記事 ボンゴレのアサリの食べ方 に戻る

  

このページの更新状況

(12/09/23)掲載

スポンサード リンク