すき焼きのルーツに関する雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

文明開化の味

牛肉を食べる習慣は古くからあったものでなく、文明開化のころからです。

それ以前には、大型動物でいうと、猪宍(いのしし、イノシシの肉。宍は肉の異体字。)、鹿宍(かのしし、シカの肉)、カモシカの肉、馬肉などは食べられていたらしいですが、牛は貴重な労働力なのであまり食べなかったようです。

ところが、明治の文明開化のころ、牛鍋が流行します。

なぜかステーキやローストビーフでなく「牛鍋」です。

ねぎと一緒に薄い鍋にしょうゆ味で煮立てたものです。

もともと外国の食文化である牛肉食を、日本人好みの鍋料理にアレンジして大流行し、ついには日本を代表する料理の一つになりました。

なぜ「スキヤキ」

この「牛鍋」が「すき焼き」とよばれるようになったのは、諸説あります。

江戸時代の料理、「鋤焼き」からという説があります。
鴨やカモシカの肉を、古い鋤(すき)の上で焼いて食べる料理に由来しているという説です。

また、肉や魚を薄く切ったものを「剥き身(すきみ)」ともいいますが、この剥き身を鍋で焼くから「剥焼き(すきやき)」という説もあります。

なんにせよ、新し物好きでアレンジ上手な、日本人らしい発想から生まれた「すき焼き」が一般に浸透して、代表的な料理になるのも当然ですね。

だっておいしいから。

(06/10/01)

前の記事 てんぷらの食べはじめ に戻る
次の記事 日本酒の話 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/01)掲載

スポンサード リンク