千六本切りなど、野菜の切り方に関するうんちくです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

千六本切り

野菜を切るときの切り方には、いろいろなものがあります。
いちょう切り、拍子木(ひょうしぎ)切り、みじん切り、ぶつ切り、短冊切り、乱切り、千切り、しらが切りなど。

では、千六本切りとは、千六本に切るのかといえばそうではなく、千切りより少し太め、マッチ棒くらいの太さに切ることをさします。

もともと、「繊蘿蔔(せんらふく)」といって、繊は繊維の繊、蘿蔔はスズシロ(春の七草のひとつ)にもあてられる漢字ですが大根のことです。
大根を繊維にそって細く切るというものでしたが、次第になまって「千六本(せんろっぽん)」になって、ほかの野菜にも適用されるようになりました。

ほかの切り方

千六本より細いのが「千切り」です。
つまようじくらいの太さです。

さらに細いのが「しらが切り」です。
しらがねぎ(ねぎラーメンなどにのっていたりする。京ネギの白いところを細く切ったもの)や、しらが大根(刺身のつまにする。かつらむきした大根を細く切ったもの)など。

なんにせよ、よく切れる包丁で、しかも技術が必要です。
包丁をよく研いで、
手を切らないように作業しましょう。

おいしい料理には手間をおしんではいけません。
「つま」があってこそ刺身がひきたつのです。

(06/11/16)

前の記事 シラタキと糸コンニャク に戻る
次の記事 春の七草 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/11/16)掲載

スポンサード リンク