刺身、お造りに関するうんちくを紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

もっとも原始的な調理方法

日本人は昔から魚を食べていますが、もっとも古い調理の形として「なます」があります。
「なます切り」という言葉もあるくらいで、ようは生魚をひと口大にぶつ切りにしたものです。
「わさび」や「しょうが」、「たで」などを加えた酢で食べられていました。

なまにつけて食べるから「なます」ですね。

今は刺身といえばわさびしょうゆですが、この食べ方になったのは200年くらい前、江戸時代後期です。
日本独特のソイソース、しょうゆが作られるようになってからです。

「刺身」の語源

まだ言霊信仰ののこっている武家社会では、言葉や動作なども縁起をかついでいました。

「切り身」が「身を切る」→「腹を切る」→「切腹」のように連想されて、「切り身」を言いかえた「刺身」という言葉が考え出されました。

関西などでは、同じ理由から「お造り」という言葉が生み出されました。

ふぐやひらめなどは「薄造り」にしてポン酢しょうゆでたべるのが最高ですね。
お酒にもよくあいます。

(06/10/01)

前の記事 日本独特のソイソース、「しょうゆ」 に戻る
次の記事 てんぷらの食べはじめ に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/01)掲載

スポンサード リンク