スパゲティを食べるときの作法、上手な食べ方についてのうんちく、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

スパゲティを食べるコツ

スパゲティを食べるときは、フォークに一口分をしっかりと巻きつけて、途中で噛み切らないで食べるといいです。

なぜなら、途中で噛み切ると短いスパゲティが残ってしまい、最後に苦労します。

噛み切って短くなったスパゲティはフォークだけでは食べられませんよね。

スプーンを添える?

イタリアでは、前菜はスープかパスタが出ます。
どちらを選んでも大丈夫なように、テーブルにはスプーンフォークの両方があります。

それを勘違いして両方使ったのがアメリカ人。

それが日本にも広まりました。スプーンを添えてフォークで巻き取るのは実はアメリカ式で、アメリカ以外では日本くらいです。

日本でももともとはスプーンは使ってなかったのです。
エチケット本などでは「スプーン使ってパスタを食べるのは田舎くさくて恥ずかしいこと」のように書いてあるものもあります。

なんでもアメリカのまねすりゃいいってもんじゃないですね。

イギリスでは…

なんと、ナイフとフォークでスパゲティを食べます。
さらにアルデンテの概念もないらしく、芯までゆでてべちょべちょです。

やわらかくてねっとりしたスパゲティを、左手に持ったフォークでおさえて右手のナイフで2〜3cmくらいに切り分けます。
それをナイフでフォークの背に盛って食べるのです。

イギリス人は上品だからナイフとフォークを使うんだとか、不器用だからフォークだけで麺を巻き取ることができないんだとか、理由はいろいろいわれています。

どちらにしろ、麺の意味がないような気が…。

(06/10/20)

前の記事 焼酎の話 に戻る
次の記事 箸とレンゲ に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/20)掲載

スポンサード リンク