「おみおつけ」の意味を説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「おみおつけ」の由来

元は「お付け」

京言葉で、動詞などの頭をとって、「お」をつけて名詞としてつかう、というものがあります。
京の貴族などが使っていた、女房言葉のことです。
「おなら」とか「おはぎ」、「おかず」、「おでん」など。

そのひとつで、「お付け」というものがあります。
動詞「付ける」の「付け」に、接頭語の「御」をつけたものです。
ご飯に「付ける」汁物という意味です。

「おみおつけ」の由来

「おみおつけ」は、漢字で書くと「御御御付け」と書きます。
上記の「お付け」と、そのまえの「御御」に分解できるわけです。

この「おみおつけ」の「御御」の由来はいろいろな説があります。2,3紹介しますね。

「御御」の意味

丁寧にする意味の接頭語

「お付け」をさらに丁寧にする意味で、接頭語の「御御(おみ)」がついて「御御御付け」になった、という説。

同じようなものでは、「御御足(おみあし)」や「御御酒(おみき、御神酒のこと)」などがあります。

「御神籤(おみくじ)」や「御神輿(おみこし)」は「御」がひとつずつ増えて、「神輿(みこし)」「御籤(みくじ)」に「御」がついたものですが、「おみおつけ」などの場合は、「御御(おみ)」でひとつの接頭語と考えられるようです。

「御御」ではなく「御味」という説

味噌をていねいにいう言葉で「御味」というものがあります。
これが「お付け」と結びついて「御味お付け」になった、という説があります。
つまり、「おみおつけ」とは味噌汁のことになりますね。

この場合、漢字の「御御御付け」は、間違ってあてられたことになります。

「御実御汁食」とする説

「御御御付け」と書くのは間違いで、本来は「御実御汁食」と書くという説があります。

「御実」は具のことで、汁にたくさんの具がはいっていて、それを食べるもの、ということです。

つまり、申し訳程度の具が入った「味噌汁」と、「おみおつけ」は別のものだということです。

派生した説では、具がたくさん、豪華に入った味噌汁という説もあります。

これら2つの説は、一つ一つの説明に根拠が乏しく、おそらく、後世のこじつけ、と思われます。

結局、「おみおつけ」って何?

もっとも信憑性が高いのは、最初の説です。
「お付け」、「御御(おみ)」ともに、文献などにも出てきますし、一つ一つの説明に飛躍がなく、納得がいく説ですね。

要するに、「おみおつけ」とは、「汁物」のこと。

必ずしも味噌汁とは限らないが、普通、ご飯に付けるのは味噌汁なので、味噌汁のことを言うようになった、ということですね。

だから、味噌汁のことを「おみおつけ」というのは、まったくもって正しいのです。

(07/04/20)

前の記事 「きつねうどん」と「たぬきそば」 に戻る
次の記事 アイスクリームの賞味期限 に進む

  

このページの更新状況

(07/04/20)掲載

スポンサード リンク