箸とレンゲなど、カトラリーに関する雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

中華料理

中華料理では、とレンゲを使います。

作法などは比較的緩やかなようですが、いくつか注意点もあります。

箸を右手に、レンゲを左手に持って、両方を上手に使って食べます。
炒飯などは箸でレンゲにのせて食べるといいです。
スープは右手でレンゲを使います。

ラーメンを食べるときは、箸で麺を持ち上げ、レンゲを受け皿のように添えて食べるとうまくいきやすいです。
音は立てないように。
なんかワンレンのお姉さんみたいですが。

気をつけるのは、皿などの器を持ち上げないことと、音を立ててスープや麺をすすらないことです。
例外で、飯椀だけは左手に持ってもいいですが、口をつけてかきこむのはよくないです。

和食のように取り皿や汁椀を手に持ったり、器に口をつけたりするのは、外国料理の場合ほとんどマナー違反になりますので、中華にかぎらずやめたほうがいいです。

その他の国の箸の使い方

台湾や、シンガポールなどの東南アジアなどでは、右手に箸、左手にスプーンをもって食事します。

日本人のように左手に茶碗や丼などを持って、かきこんだりはしないようです。

女性などがそうすると、優雅で上品かもしれません。
男性の場合はちょっと豪快さにかけるところがあり、中性的にみられかねないのでご注意を。

タイでは、右手にスプーン、左手にフォークらしいです。

マナー全般に注意しながら楽しく食事

ほかにもいろいろマナーがありますので、海外や、外国料理のレストランなどに行ったときは、なるべくほかのテーブルの客のしぐさを参考にすると、失敗しにくいと思います。

テーブルマナーは、基本的には楽しく食事をするためのものですから、ある程度おさえておくとみんなが不快にならずに食事できます。

ちょっときゅうくつな感じはしますが…

がんばってください。

(06/10/21)

前の記事 スパゲティを食べるときの作法 に戻る
次の記事 ウイスキーの話 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/21)掲載

スポンサード リンク