春の七草に関する雑学、うんちく、豆知識を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

七草全部いえますか?

五七調で覚えると簡単です。この機会に覚えてみますか?

春の七草は、1362年頃の『河海抄』という書物のなかにある「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」が初見とされています。

では皆さん、ご一緒に。
「セリ、ナズナ、
ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、
スズナ、スズシロ、これぞ七草」

七草、それぞれの正体

わりと身近なものも含まれています。

七草 漢字 和名など
せり セリ、セリ科
なずな ナズナ、アブラナ科、ぺんぺん草のこと
ごぎょう 御形 ハハコグサ、キク科
はこべら 繁縷 コハコベ、ナデシコ科
ほとけのざ 仏の座 コオニタビラコ(子鬼田平子)、キク科
すずな 菘、鈴菜 カブ、アブラナ科
すずしろ 蘿蔔、清白 ダイコン、アブラナ科

「仏の座」は、シソ科のホトケノザとは別のものです。

もともと「ななくさ」は「七種(ななくさ)」で、米、稗、粟など7種の穀類で作った「七種粥(ななくさがゆ)」のことだったのが、その「ななくさ」という音から、いつのまにか「七草」となったようです。
起源はシナの風習です。
七草も日本固有のものでなく、伝来の植物です。

春の七草は、健康を祈って、きざんで粥にいれて食べるものです。

これに対して、秋の七草というものもありますね。
こちらは食べるものではありません。
鑑賞するものです。

(06/11/21)

前の記事 千六本 に戻る
次の記事 お酒は凍る、焼酎は? に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/11/21)掲載

スポンサード リンク