フカヒレについての雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

フカヒレスープのフカヒレ

フカヒレの姿煮

フカヒレの姿煮

世界三大スープといえば、タイの「トムヤムクン」、フランスの「ブイヤベース」とならんで、中華の「フカヒレスープ」があげられますね。

中華の代表的な高級料理のひとつです。

この「フカヒレ」は実はサメのヒレなんですが、この「フカヒレ」の世界一の輸出国は、少し前まで日本だったのです。

世界一の「フカヒレ」輸出国の理由

日本のフカヒレの漁獲量が多かったのは、遠洋マグロ延縄漁が盛んだったからです。

マグロをねらう網に、しばしばサメがかかるそうです。

サメがかかったとき、漁師たちはヒレだけ切り取って、あとは海に捨ててくるそうです。

フカヒレの行方

p>ヒレを切り取りあとは海に捨ててくるのには理由があります。
サメを甲板に上げると暴れて危険だし、マグロと比べるとサメはただ同然なのに、スペースを取られるわけにはいかないということ。

切り取ったヒレは船上で乾燥させ、日本に持ち帰ってからか、あるいは寄港先で業者に売られます。

このヒレによる収入は、マグロ漁船乗組員の臨時収入になるので、みんな嫌がらずせっせとやるので、日本がフカヒレの輸出大国なのです。

最近は、輸出でなく国内消費が増えたことと、マグロ漁船の乗組員が日本人以外にペルー人やインドネシア人などが多くなったことにより、輸出量が減り、世界一ではなくなったようです。

(07/03/03)

前の記事 枝豆ってなに? に戻る
次の記事 「きつねうどん」と「たぬきそば」 に進む

  

このページの更新状況

(07/03/03)掲載

スポンサード リンク