オリンピックの話

スポンサード リンク
スポンサード リンク

近代オリンピック

オリンピックのシンボルマーク
オリンピックのシンボルマーク

近代オリンピックは、4年に1回、国際オリンピック委員会 (IOC) がスポーツによる平和の祭典の理念の下に開催する、世界的なスポーツ大会です。

正式名称は、夏季オリンピックが「オリンピアード競技大会」、冬季オリンピックが「オリンピック冬季競技大会」といいます。

日本では、そのシンボルマークから五輪(ごりん)ともいわれますね。

古代ギリシアで行われていたオリンピアの祭典を元に、19世紀末にフランスのピエール・ド・クーベルタン男爵の発案、尽力によって広まりました。

オリンピックの大会公用語はフランス語と英語ですが、フランス語が第一公用語として優先されています。

これは、クーベルタン男爵の母語がフランス語であったためですね。

夏季オリンピックと冬季オリンピック

オリンピックには、夏季大会と冬季大会があります。

夏季オリンピック第1回大会は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催されました。

冬季オリンピック第1回大会は、シャモニー・モンブラン(フランス)で開催されました。

途中世界大戦で中断しながらも、現在まで継続されています。

1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピック、その2年後に冬季オリンピックというふうに、2年おきに夏季大会と冬季大会を交互に開催しています。

当初は、夏季オリンピックと冬季オリンピックは同じ年に同じ国で開催されることになっていましたが、1928年のアムステルダム大会では、オランダに雪山がなくて会場が確保できませんでした。

そのため、サンモリッツで開催されることになり、その後は夏季大会と冬季大会は同じ国で開催されるという原則がなくなりました。

オリンピックの開催地

オリンピックは、基本的に都市が主体となって開催しますが、用地などの問題から、その都市の近隣に会場が分散されることが多いですね。

近年は、オリンピックの規模が大きくなってきていて、この傾向も多くなっているようです。

オリンピックのほとんどの大会は北半球で開催されていて、南半球では1956年のメルボルン大会と2000年のシドニー大会のみです。

これは、北半球と南半球の季節が逆になるということに大きな原因があります。

特に、冬季大会では、シーズンがかみあわないし、南半球では降雪量が少なくてウィンタースポーツの設備も充分でないため、実質的には開催できないようです。

オリンピックのシンボルマーク

オリンピックのシンボルマークは、五色の輪が重なり合った形ですが、これはクーベルタン男爵が考案したものです。

意味としては、

  • 世界5大陸(青:オセアニア、黄:アジア、黒:アフリカ、緑:ヨーロッパ、赤:アメリカ)
  • 五つの自然現象(火の赤・水の青・木の緑・土の黒・砂の黄色)
  • スポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)
を五つの色であらわし、さらに、

5つの重なり合う輪は、平和への発展を願ったもの

ということです。

また、この五つの色で、全ての国旗があらわされているともいわれます。

このマークは、1914年にIOCの創設20周年記念式典で披露され、1920年のアントワープ大会から使用されています。

木綿で作られた五輪旗は一度盗まれたことがありますし、1980年のモスクワ大会では閉会式で次のアメリカに五輪旗がわたされない(ボイコットしていた)という事もありました。

1992年のバルセロナ夏季大会からは、合成樹脂の五輪旗が使われています。

オリンピックへの日本の参加

日本が初めてオリンピックに参加したのは、1912年のストックホルム夏季大会です。

最初は陸上の男子のみの参加でした。

1928年のアムステルダム大会からは女子選手も参加しています。

1940年の大会は、東京に招致が成功しましたが、第二次世界大戦が原因で開催権を返上し、大会が中止されました。

戦後は、1952年ヘルシンキ夏季大会から参加しています。

日本国内では、1964年に東京(アジア初の夏季大会)、1972年に札幌(アジア初の冬季大会)、1998年に長野(冬季)で開催されました。

日本人初の金メダルは、1928年アムステルダム大会の陸上・三段跳び、織田幹雄でした。

オリンピック開催地一覧

夏季オリンピック

開催年 開催地(国)
1896 アテネ(ギリシャ)
1900 パリ(フランス)
1904 セントルイス(アメリカ)
1908 ロンドン(イギリス)
1912 ストックホルム(スウェーデン)
1916 ベルリン(ドイツ)-中止
1920 アントワープ(ベルギー)
1924 パリ(フランス)
1928 アムステルダム(オランダ)
10 1932 ロサンゼルス(アメリカ)
11 1936 ベルリン(ドイツ)
12 1940 東京(日本) 返上
ヘルシンキ(フィンランド) 中止
13 1944 ロンドン(イギリス) 中止
14 1948 ロンドン(イギリス)
15 1952 ヘルシンキ(フィンランド)
16 1956 メルボルン(オーストラリア)
ストックホルム(スウェーデン)
17 1960 ローマ(イタリア)
18 1964 東京(日本)
19 1968 メキシコシティー(メキシコ)
20 1972 ミュンヘン(西ドイツ)
21 1976 モントリオール(カナダ)
22 1980 モスクワ
23 1984 ロサンゼルス(アメリカ)
24 1988 ソウル(韓国)
25 1992 バルセロナ(スペイン)
26 1996 アトランタ(アメリカ)
27 2000 シドニー(オーストラリア)
28 2004 アテネ(ギリシャ)
29 2008 北京(中華人民共和国)

冬季オリンピック

開催年 開催地(国)
1924 シャモニー・モンブラン(フランス)
1928 サン・モリッツ(スイス)
1932 レークプラシッド(アメリカ)
1936 ガルミッシュ・ パルテンキルヘン(ドイツ)
1948 サン・モリッツ(スイス)
1952 オスロ(ノルウェー)
1956 コルチナ・ダンペッツオ(イタリア)
1960 スコーバレー(アメリカ)
1964 インスブルック(オーストリア)
10 1968 グルノーブル(フランス)
11 1972 札幌(日本)
12 1976 インスブルック(オーストリア)
13 1980 レークプラシッド(アメリカ)
14 1984 サラエボ(ユーゴスラビア)
15 1988 カルガリー(カナダ)
16 1992 アルベールビル(フランス)
17 1994 リレハンメル(ノルウェー)
18 1998 長野(日本)
19 2002 ソルトレークシティー(アメリカ合衆国)
20 2006 トリノ(イタリア)

(08/08/10)

  

この記事の更新状況

(08/08/10)掲載

スポンサード リンク