国民的スポーツ「野球」についての雑学、豆知識を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

野球場の人工芝

プロ野球のスタジアムなどでは人工芝を採用しているところが多いですよね。
人工芝の下の構造はどうなっているか気になりませんか?

いちばん下の基礎は、舗装道路のように「割栗石(わりぐりいし)」のうえに砂利を敷いています。
さらにアスファルトコンクリートの2重構造があり、その上に、人工芝を接着剤で貼り付けているそうです。

人工芝自体の構造は、厚さ10oのスポンジ製アンダーパッドに、長さ12oの塩化ビニール繊維がぎっしりと植え込まれています。

金属バットの中身

金属バット自体はパイプ構造ですが、中はがらんどうではなく発泡ウレタンが詰まっています。

なぜなら、パイプだけだと打球音が耳障りな金属音になるからだそうです。
発泡ウレタンを詰めることによって、木製バットに近い打球音になっているのです。

「カキーン」という気持ちいい打球音がしないと、打った気になりませんからね。

(06/10/07)

関連記事

  

この記事の更新状況

(06/10/07)掲載

スポンサード リンク