牛の食べ物に関するうんちくを紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

牛の食事

よく知られていることですが、などの反芻する動物は、胃が4つ(ミノ、センマイ、ハチノス、ギアラ)あります。
牛には、その4つの胃に加えて、体長の20倍もの長さの腸があります。
草食用に発達した胃腸です。

この胃や腸のなかには、食べ物を分解する数十種類の微生物が1平方cmあたり100万もいて、植物からたんぱく質をとりだしています。

さらに、その微生物も、死ぬとたんぱく質として吸収してしまうのです。
非常に効率的ですね。

最近の牛の飼育状況

もともと、放牧で草を食べ、反芻しながら寝転がったりしていましたが、最近は配合飼料をあたえられ、牛舎ですごして運動不足、という状況のようです。

そのため、日本で飼育される牛は、胃が小さくなる傾向にあるそうです。

焼肉の「ミノ」が好きな人には残念な話ですね。
でも、そのかわり「ロース」や「カルビ」がおいしくなっているので、しかたないところでしょうか。

(06/11/11)

前の記事 「笹」と「竹」 に戻る
次の記事 花の「色」の話 に進む

  

このページの更新状況

(06/11/11)掲載

スポンサード リンク