シロナガスクジラは地球上でもっとも大きな動物です。絶滅が危惧されています。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

シロナガスクジラ

シロナガスクジラとは

シロナガスクジラ(白長須鯨)は、現存する動物の中では最大のものです。
さらに、かつて地球上に存在したあらゆる哺乳類の中でも、最大の種です。

記録によると、確認されたもっとも大きな固体は、体長34メートルもありました。

「長須」とは長身の意味で、水面に浮かび上がると水上からは白く見えることから、「シロナガス(白長須)クジラ」とつけられています。
英語では、腹側に付着した珪藻によっ、て黄色っぽく見えることから「sulphur bottom」(硫黄色の腹)とも呼ばれます。

シロナガスクジラの特徴

体長20〜30メートル、体重100〜200トン。
ただし、30メートルを超えるような個体は稀で、北太平洋では26メートル未満のものがほとんどです。
成体では、オスよりメスのほうが少し大きいです。

上あごと下あごが軟骨だけでつながっているために、直径10メートル近くも口をあけることができます。

流線型の体型で、尖った形の頭部、細長い胸びれ、横に広がった薄い尾ひれ、背中の後には小さな背びれをもちます。
この背びれの形や、付近の模様は個体によって違います。

表面は淡灰色と白のまだら模様で、のどから胸にかけては白い模様になっています。
のどには60本程の畝(うね)があって、捕食するときは、この畝が広がって大きなのど袋になります。
頭頂部に2つの噴気孔があります。

シロナガスクジラの現状

シロナガスクジラの生態

全海域に生息していて、回遊してます。

夏は、北極や南極の積氷まぎわまで回遊してオキアミを食べ、冬には温かい熱帯、亜熱帯で繁殖を行います。
繁殖期や子育ての期間などをのぞいて、基本的には単独で行動します。

主食はオキアミで、上あごのひげでこしとって食べます。
成体は一日に4トンものオキアミを食べます。

最近の研究では、イワシも捕食する事が分かってきました。

メスは2〜3年ごとに出産します。夏に交尾して妊娠期間は約11ヶ月です。
約7メートルの子どもを1頭生みますが、まれに双子が生まれることもあります。
授乳期間は7〜8ヶ月です。

シロナガスクジラは、最も大きな鳴き声をあげる動物でもあります。
周波数の低い大きなうなり声をだします。
180ホンを超える音量のこともあります。
この鳴き声によってコミュニケーションを行っていて、なんと150キロメートル以上先の相手とも連絡をとる事ができます。

大きいのは体だけではないのです。

シロナガスクジラは絶滅危惧種

シロナガスクジラは、大きすぎるために、昔は捕鯨の対象とはなりませんでした。

しかし、19世紀以降、捕鯨船や道具、技術の進歩によって、欧米諸国の近代捕鯨の対象となりました。

シロナガスクジラは、鯨油の生産量が高いため、乱獲が進みました。

もともと30万頭ほど生息していたと推測されていますが、7千頭にまで減ってしまっていて、現在もその数は増えていないようです。
1966年には全面的に捕獲が禁止されています。

現在では一部地域で個体数が増加したとの報告もありますが、個体群の中には個体数の減少が回復不可能なレベルに達しているものもあって、絶滅危惧の状態が続いています。

シロナガスクジラの画像リンク

シロナガスクジラの関連リンクです。画像もあります。

壁紙などのダウンロードサイトです。

You Tube クジラの動画

シロナガスクジラの動画は残念ながら見つけられませんでした。もしあったら教えてください。

(07/04/17)

前の記事 秋の七草 に戻る
次の記事 カタツムリは寒さに強い に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(07/04/17)掲載

スポンサード リンク