ライオンの食べ物に関するうんちくを紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ライオンの消化器の構造

ライオン
ライオン

ライオンもわれわれ人間と同じく哺乳類なので、すべての栄養素が必要です。
しかしシマウマなどの草食動物を主な獲物としていて、その肉しか食べません。

実は、ライオンの胃は食物繊維を消化できないのです。
そのため、草食動物のように草や木の葉などは食べません。
もし食べたとしても、消化できずに吐き出すだけでしょう。

しかし、これでは栄養のバランスがとれないですよね?肉に含まれるタンパク質や脂肪だけでは、ビタミンや食物繊維が不足して、体調が悪くなります。

じゃあどうしてるの?

答えは簡単、シマウマなど、獲物である草食動物の体から間接的にとっているのです。
食物繊維にかぎらず、必要な栄養素はすべて同様です。

ライオンは、獲物の内臓から先に食べます。
シマウマがとりこんだ食物繊維やビタミンなどをいちはやく摂取するためだそうです。

だから、食物繊維やビタミンなど、ライオンが直接摂取できない栄養素を摂っている草食動物をメインの獲物にする必要があるのです。

(06/10/01)

ライオンについて

ライオンは、脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類です。

体長オス170〜330cm、メス140〜270cm。体重オス150〜260kg、メス120〜182kg。

現在はアフリカとインドの一部にしかいませんが、以前はヨーロッパなどにも生息していました。
紋章のモチーフに使われたり、古代ローマでは奴隷と戦わされたりしました。

群れをつくって生活しますが、この群れが乗っ取られると、新しい群れのリーダーとなった雄ライオンは以前のリーダーの子を殺します。そして、新しく自分の子供を生ませるのです。
残酷な気がしますが、自然の掟なんでしょう。

繁殖力は強く、動物園などでもよく子供を生んだりしています。

ライオンの雑種

ライガー
ライガー

雄ヒョウと雌ライオンの雑種がレオポン、ライオンとトラの場合、父がライオンだとライガー、父がトラだとタイゴンです。普通、これらの雑種には繁殖力はありません。

ライガーはかなり大きくなります。体重が450kgくらいになるそうです。普通のライオンの倍くらいですね。

逆にタイゴンは小型化の傾向にあるそうです。

(08/05/25)加筆

前の記事 カメレオンの元の色 に戻る
次の記事 砂漠を旅するラクダの秘密 に進む

  

このページの更新状況

(06/10/01)掲載
(08/05/25)加筆

スポンサード リンク