クジラについての雑学、豆知識を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

クジラ

クジラは、大きく分けて「ハクジラ」と「ヒゲクジラ」の2種類に分けられます。

地球でもっとも大きな動物であるシロナガスクジラは、ヒゲクジラの仲間です。

ハクジラの仲間で有名なものには、マッコウクジラがいますね。

クジラは、昔から我々人類との関わりがあります。
小説などでも登場しますね。
「白鯨」「ピノキオ」なんかが有名ですね。

ハクジラ類

ハクジラは比較的小型のクジラで、最大の「マッコウクジラ」でもおよそ10メートルくらいです。

イカや魚などを食べます。マッコウクジラとダイオウイカの戦いなんかはよくイメージされるところですね。

」から年齢が割り出せます。
マッコウクジラのメスは10年くらいで大人になるようですが、オスは独特の社会的要因で30年くらいたたないと生殖に参加させてもらえないらしいです。
80年生きたという記録もあるようです。

ヒゲクジラ類

シロナガスクジラを含むヒゲクジラ類は、歯が退化してなくなっていて、かわりに歯茎がヒゲのように変化しています。
そのヒゲで海水をろ過するようにして、「オキアミ」や「プランクトン」をこしとって食べます。

ヒゲクジラ類は、生後10年くらいで大人になって、60年くらい生きるそうです。
100年くらい生きるという説もあります。

年齢の調べ方は、「耳垢」です。
ヒゲクジラ類は、耳から鼓膜までに「耳垢」がたまります。
その「耳垢」の縞を調べるとわかるそうです。

(06/10/03)

前の記事 砂漠を旅するラクダの秘密 に戻る
次の記事 「笹」と「竹」 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(06/10/03)掲載

スポンサード リンク