カタツムリなど、寒さに強い動物を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ヒトデやウニ

ヒトデやウニは同じ仲間の動物ですが、彼らは非常に寒さに強いです。

ウニは、マイナス5度の完全に凍った状態から、解凍すれば生還できます。
ヒトデも同じくらいの低温に耐えられるようです。

これを応用したら、生きたまま冷凍して輸送し、新鮮なウニが各地で食べられる、なんてことになればいいなあと思うんですけどね。

アカヒトデ
アカヒトデ
ウニ
ウニの卵巣

イソギンチャク

イソギンチャクも寒さに強いです。

マイナス10度で完全に凍り付いても、温かいところにもどすと生き返るんです。

人間や昆虫などは、凍ってしまうと(もちろんその前に)死んでしまうのですから、イソギンチャクたちは脅威の対応力ですね。

カタツムリ

カタツムリ
カタツムリの一種、ミスジマイマイ

さて、本題のカタツムリですが、ウニやイソギンチャクなどものともしません。

なんと、マイナス120度まで下げても死ななかったという実験結果があるそうです。

もちろん、そんな低温では凍ってしまってカチンコチンの「冷凍カタツムリ」ですが、もとの温かい温度に戻すと、もぞもぞと動き始めたそうです。

考えただけで寒くなってきましたが、カタツムリの低温耐久力は、動物の中でダントツナンバーワンでしょう。

(07/05/10)

前の記事 シロナガスクジラ に戻る
次の記事 カマキリのメスが、オスを… に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(07/05/10)掲載

スポンサード リンク