花の「色」に関する雑学、豆知識を紹介します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

花の色素

花の色をあらわす色素は、非常にたくさんありますが、大まかに3種類にわけられます。

  • 赤、橙、黄色の色をだすカロチノイド
  • 赤、青、紫になるアントシアン
  • 黄色のフラボノイド

2種類以上の色素をもつ花もあり、その組み合わせや濃さでさまざまな色の花が咲くのです。
この中で、フラボノイドは、どの花にも含まれるそうです。

じゃあ白い花は?

ユリ、キクなど、白い花を咲かせる植物もたくさんありますが、実は、あの色は「本当の白」じゃないんです。

フラボノイドの濃さで、ごく薄いものは白っぽくみえるのですが、実は白に近いクリーム色なんです。
よく見るとそんな感じがします。

天然の花で、本当に白いものはまだ発見されていません。
園芸品種として改良されたものにはあるらしいです。

(06/11/18)

前の記事 牛は草だけしか食べない? に戻る
次の記事 秋の七草 に進む

  

このページの更新状況

(06/11/18)掲載

スポンサード リンク