日本の伝統ある「和歌」についての雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

和歌について

和歌とは

「和歌」といえば、短歌と混同されがちですが、短歌は和歌のひとつです。
ほかにも、長歌、旋頭歌、片歌などがあります。

枕詞(まくらことば)、掛詞(かけことば)、体言止めなどの修辞技巧が使われます。

本来、文学としての詩の側面と、音楽としての歌という側面がありますが、一般的には国文学の中の1つとして解釈されています。

日本神話において、スサノオがうたった「八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を」が、日本初の和歌とされています。
そのはじめをとって、和歌のことを「八雲」ともいい、「八雲の道」といえば「歌道」のことをさします。

また、日本の古い国号(敷島)から、「敷島の道」ともいわれます。
歌を詠むことが日本古来の文化である、ということですね。

「うた」としての和歌

日本語は、「四分の四拍子」で発音するとしっくりきます。
普段しゃべっているときも、無意識に休符をいれたりして「四分の四拍子」になっていますね。

和歌も同じく「四分の四拍子」です。
文字にして書くと、字あまりや字足らずなどになっても、歌うときは、伸ばしたり休符を入れたりして、「四分の四拍子」になっています。

字あまりや字足らずなどは、詩として文字にしたときの形にこだわったもので、本来は歌のリズム「四分の四拍子」にあっていれば関係ないんですね。

歌集

和歌を集めて本にしたものを「歌集」といいます。
おもに3種類にわけられます。

勅撰和歌集(勅撰集)

天皇の勅命などによって編纂された歌集。
古今和歌集から、新続古今和歌集まで21の勅撰和歌集があり、総称して「二十一代集」といいます。

私撰和歌集(私撰集)

個人など、民間が撰定した歌集。
藤原定家による小倉百人一首が有名です。

私家集

個人の歌を集めた歌集。
人丸集、赤人集、家持集、猿丸集など。

和歌の種類

和歌は、5音と7音を使ってつくりますが、いろいろな形があります。

片歌

五七七の三句。
旋頭歌を二つに分かれて唱和する片方で、最短の歌です。

旋頭歌

五七七、五七七の形式。片歌を二回繰り返したもの。問答歌が多いです。

長歌

五七、五七、と続き、最後に五七、七となる形式。
五七を三回以上繰り返し、最後に七音を加えます。
万葉集に多く、古今集ではすでに作られなくなっているようです。
主に公の場でうたわれるもので、反歌を伴います。

短歌

五七、五七、七の形式。
のちに上の句(五七五)と下の句(七七)に分ける形式が発生して、連歌(上の句と下の句を別の人が詠んでつなげる)、俳諧(上の句が独立したものなど、俳句の源流)などにつながります。

その他

  • 仏足石歌(ぶっそくせきか、五七、五七、七七)
  • 今様(いまよう、七五、七五、七五、七五)
  • 甚句(じんく、都々逸(どどいつ)ともいう、七七、七五)

などがあります。

(07/07/12)

前の記事 「おざなり」と「なおざり」 に戻る
次の記事 百人一首について に進む

関連記事

  

この記事の更新状況

(07/07/12)掲載

スポンサード リンク