旧暦の月名、和風月名(わふうげつめい)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

旧暦の月名、和風月名(わふうげつめい)

旧暦では、和風月名(わふうげつめい)ともいわれる、和風の月の呼び名が使われていました。

旧暦の季節や行事にマッチしたものですので、現在の暦に合わせると、少し季節がずれています。

1〜2ヶ月ほど感覚をずらすとちょうどいいですね。

また、1〜3月が春、4〜6月が夏、7〜9月が秋、10〜12月が冬にあてられていて、それぞれ初、仲、晩をつけて呼んでいました。

例)
葉月→仲秋、卯月→晩夏

これらも、現在の暦では季節感がずれていますね。

月名 別名 備考
1月 睦月(むつき) 祝月(いはひづき)、嘉月(かげつ)、正月(しょうがつ)など。 親族一同が集まって睦びあう月=睦び月(むつびつき)
2月 如月(きさらぎ) 梅見月(うめみつき)、小草生月(をぐさおひつき)など 「如月」はシナでの2月の異称をそのままとったもので、「きさらぎ」という読みには関係ない。「絹更月」、「衣更月」とも書く。まだ寒さが残っているため、衣(きぬ)を更に着る月=「衣更着(きさらぎ)」。
3月 弥生(やよい) 花月(かげつ)、花見月(はなみづき)、桜月(さくらづき)など 「草木がいよいよ生い茂る月」の意味の「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が縮まって「やよひ」となったという説が有力。
4月 卯月(うづき) 卯花月(うのはなづき)、花残月(はなのこりつき)など。 卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものというのが定説。ほかには、4番目の月だから十二支の4番目の「卯」から、田植えの時期なので「植え月」から、などの説があるが、卯の花は卯月に咲くから卯の花と呼ぶという説がある。
5月 皐月(さつき) 菖蒲月(あやめづき)、雨月(うげつ)、五月雨月(さみだれづき)など。 田植をする月なので「早苗月(さなへつき)」が短くなった。「サ」という言葉自体に田植の意味があるので、「さつき」だけで「田植の月」になる。日本書紀などでは「五月」と書いて「さつき」と読んでいる。皐月と書くようになったのは後のことである。「皐」には「神に捧げる稲」という意味があるために当てた字と思われる。「皐月」は花の名前にもなっている。
6月 水無月(みなづき) 蝉羽月(せみのはつき)、田無月(たなしづき)など。 梅雨があけて水が無くなる月、または、田植えが終わって田に水がある「水月(みなづき)」。
7月 文月(ふづき、ふみつき) 秋初月(あきはづき)、七夜月(ななよづき)、女郎花月(をみなえしづき)、七夕月(たなばたづき)など。 稲の穂が実る月なので「穂含み月(ほふみつき)」の意であるとする説がある。
8月 葉月(はづき) 月見月(つきみづき)、秋風月(あきかぜづき) 木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」→「葉月」であるという説が有名。
9月 長月(ながつき) 紅葉月(もみじづき)、菊開月(きくさきづき)、菊月(きくづき)など。 「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力。
10月 神無月(かんなづき、かみなしづき) 神在月(かみありづき)、神去月(かみさりづき)など。 神嘗月(かんなめづき)=新嘗(にいなめ)の準備をする月、神な月(かみなづき)=「神の月」の意味。一般的には、出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなると言われていて、出雲では神在月と言う。
11月 霜月(しもつき) 神楽月(かぐらづき)、神帰月(かみきづき)、霜降月(しもふりづき)など。 霜が降る月。
12月 師走(しわす) 極月(ごくげつ)、弟月(おとづき)など。 坊主(師には、僧侶の意味もある)が走り回るほど忙しくなるからと言われているが、本来は伊勢神宮や各神社の御師(神社の参詣の世話をする神官)達が各家庭を巡る事から。

(09/10/21)

  

このページの更新状況

(09/10/21)掲載

スポンサード リンク