「埒があかない」「埒」という言葉の意味を説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

埒(らち)

「埒」の意味

「埒」とは、低い垣や柵のことで、馬場などの周りの柵をさす言葉です。

「柵」や、「仕切り」、「区切り」みたいな感覚でいいと思います。

「埒」の用法

不埒(ふらち)とは、不都合、不届き、不法といった意味です。
「不埒なやつ」などと聞いた事ありますよね。

埒内(外)(らちない、がい)とは、範囲の内(外)、限界の内(外)という意味です。
「埒」を「枠」や「境」の意味で考えると分かりやすいですね。

「埒があく」とは、物事にきまりがつく、かたがつく、といった意味です。
なんだかしっくりきませんね。

埒があかない

「埒があかない」の由来

奈良時代、春日大社の祭礼において、前夜、神輿の周囲に柵(埒)をつくり、翌朝、能楽の金春太夫(こんぱるだゆう、当時の猿楽のシテ役のこと)が一人で中に入って、祝詞をとなえる習慣がありました。
この儀式が終わりると、埒があいて、ほかの参加者も中に入れる、ということから、

埒があく→祭礼が進行する。
埒があかない→祭礼が滞る。はかどらず、じれったい。

というようになった。
という説がありますが、ちょっとおかしいですね。

「埒があく」は、「埒が開く」ではなくて「埒が明く」と書きます。

もちろん「あかない」も「明かない」です。

つまり、同じ「あく」でも、「ひらく」の意味の「開く」ではなく、「あきらかにする」の「明く」なんです。

「埒が明く」

「埒が明く」、「埒を付ける」とは、埒(柵)を付けることによって、物事の境をはっきりさせる、転じて、きまりがつく、かたがつく、という意味ですね。

反対の意味である、「埒が明かない」は、きまりがつかない、かたがつかない、という意味です。
「電話では、埒が明かない」などと使いますね。

音を聞いた人が誤解したのか、「開く」にこじつけた感じになってますが、本来の意味は、物事の進行具合などとは関係なく、柵、境、枠などをつけて、物事をはっきりさせる、きまりをつける、ということです。

(07/08/10)

前の記事 「若干」と「弱冠」の意味 に戻る
次の記事 「こめかみ」の語源 に進む

  

この記事の更新状況

(07/08/10)掲載

スポンサード リンク