ピンからキリまで

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ピンからキリまで

「ピンからキリまで」っていういいまわし、何度か聞いたことがあると思います。

「大卒っていっても、大学にもピンからキリまであるからなあ」
などというふうに使われますね。

意味としては、
価値の低いものから高いものまでいろいろある、
下等なものから上等なものまでいろいろ、
と言う感じでしょうか。

でもこの「ピン」と「キリ」って、いったいなんのことなんでしょうか?

「ピン芸人」なんていう場合には、「ピン」は一人、一つなどの意味で使いますね。

「キリ」は、「キリがない」みたいな使い方もしますが…

ルーツはポルトガル語

16世紀に南蛮貿易が盛んなころ、ポルトガルからもたらされたもののなかに「カルタ」がありました。
「カルタ」もポルトガル語です。

南蛮カルタと呼ばれたこのカードゲームは、一から十二までの札が4枚づつ、合計48枚が一組となっていて、トランプに似ているけれど別物でした。

これをまねて日本でも作られたのが「天正カルタ」です。
やはり一から十二の札がありました。

この一の札を「ピン」と呼び、十二の札を「キリ」と呼んだのです。

ポルトガル語で「点」をあらわす言葉「pinta(ピンタ)」から「ピン」となったようです。

カルタやサイコロの目の「一」を指していうことから、「初め」、「最初」みたいな意味につかわれます。

「キリ」は、十字架をあらわすことから転じて「十」の意味のある「cruz(クルス)」がなまって「キリ」となったという説があります。

でも「クルス」と「キリ」はちょっと遠い気がしますし、 本来は「クルス」は十二ではなくて十の札のことのようなので、ちょっと苦しいですね。

やはり、「キリがない」の「キリ」でしょう。
「限、切り、区切り」の意味ですね。
「最後」、「上限」のように使われます。

ほかにも、花札で1月をピン、12月をキリ(桐)としたところから来たと言う説もありますが、後付けっぽいですね。

まあとにかく、 「ピンからキリまで」というのはカルタの用語だったんですね。

カルタのいろいろ

当時のカルタといっても、子供も交えて遊ぶカードゲームではなく、博打に使う組み札としてのカードでした。

のちに、花札に発展していく博打ゲームとは別に、健全な遊びのカルタもあります。

絵と和歌を合わせる遊び「歌ガルタ」、中でも、もっとも普及しているのが「小倉百人一首」ですね。
参照:百人一首  小倉百人一首リスト

また、今でも子供たちがお正月に遊んでいるいわゆる「カルタ」、つまり「いろはガルタ」もありますね。

「小倉百人一首」も「いろはガルタ」も、成立したのは江戸時代とされています。
わりと最近のことなんですね。

「ピン」と「キリ」、どっちが上等?

本来、ピンは一なので一番低い数です。
なので、数字の大きさでいえば「ピン<…<キリ」となり、キリのほうが上のように思われます。

しかし、今では逆に使われていて、 「ピン>…>キリ」と、ピンが最上級のようになっています。

ちょっと混乱しますねw

そのほかの「ピン」

ピン札
ピンと張ったしわのない状態、新しくて折り目や汚れのない状態のお札。
この「ピン」は、ピンと張るの「ピン」で、新品の「ピン」も連想されることから、こういう意味にとらえられています。
数字とかは関係ありません。

「新札」は少し意味が違って、新しく発行された、流通前のきれいな状態のお札。
ちなみに金融機関では、どちらも「新券」といいます。
ピンはね
上前をはねること。
手当ての1割をかすめ取っていたことから。
ピン(1割)をはねる(取る)。
ピン芸人
一人で漫談などをする芸人のこと。
コンビやトリオなどに対する言い方。

この場合の「ピン」は「一」のことで、一人をあらわす。

ちなみに、泉ピン子のピンはここからとってつけられたといわれることがあるが間違い。
本当は、マージャン牌のイーピンに顔が似ていると師匠に言われたから。

  

このページの更新状況

(13/03/20)掲載

スポンサード リンク