「なおざり」と「おざなり」という言葉の違いを説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「おざなり」と「なおざり」の意味

「おざなり」

おざなり」は、「御座なり」と書きます。

その場しのぎで間に合わせなことをいいます。

「なおざり」

なおざり」は、「等閑」という字をあてます。
「とうかん」とも読むそうです。

心をこめない、雑にする、ほったらかす、というような意味です。

「おざなり」と「なおざり」の違い

意味の違い

どちらも、いい加減なこと、ぞんざいなことをさすのは共通していますので、とてもまぎらわしいですね。

なかには、両方が混ざってしまって「おなざり」なんていう人もいますが、これは完全に間違いなので、気をつけましょう。

用法

その場しのぎを「おざなり」として、おろそかなことを「なおざり」とすればよいようです。

間に合わせの対応をすることを「おざなりな対応」、中途半端な対応を「なおざりな対応」というふうに覚えましょうか。

いや、いっそのこと

「おざなりな間に合わせ」

「なおざりな中途半端」

と覚えましょう。

こんなささいな違いをなおざりにしないで、しっかり使いわけられるようになると、周りからきっと尊敬されますよ。
と、使ってみました。

(07/06/10)

前の記事 急がば回れ に戻る
次の記事 和歌 に進む

  

この記事の更新状況

(07/06/10)掲載

スポンサード リンク