「々」の読み方や意味、由来など、「々」に関する雑学です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「々」とは

「々」は、同じ漢字を2回続けるときに使います。

例えば、

「人々」「我々」「時々」「久々」「云々」

あと、苗字や名前なんかでも目にしますね。

「佐々木」「奈々子」「野々村」

これらの「々」って、いったいなんなのか、気になりませんか?

「々」は記号

これ、実は記号なんです。

漢字ではなく、もちろん平仮名や片仮名でもありません。

辞書によっては、「々」は和製漢字となっていて、「ノ部」の扱いになっているようですが、正式な漢字とはみとめられていません。

同じ文字を繰り返して使うときに使う文字で、「おどり字(踊り字、躍り字)」のひとつです。

「同の字点」や「ノマ点」ともいわれます。

前の漢字一字を繰り返すときに使われます。

片仮名の「ノ」と「マ」をつなげたような形なので「ノマ点」といわれるようですが、正しくは「同の字点」です。

「繰り返し記号」ともいいます。

ただ、反復記号であって、特定の読み方というものはありません。

「々」の起源

「々」は、シナで同じ文字を繰り返すという意味の「重文号」が、日本で変化したものとされているようです。

また、「仝(後述)」が変化したという説もあります。

「重文号」は、例えば「好々爺」ならば、「好爺」の「好」の右下に小さく「二」と書いて、「好」をもう一字繰り返す、という使い方のようです。

もちろん縦書きのときです。

そのほかのおどり字

「おどり字」には、ほかにも種類があります。

「ゝ」「ゞ」

「一つ点」といって、平仮名一字を繰り返すときに使います。

濁音がつかず繰り返すときは「ゝ」、濁点をつけて繰り返すときは「ゞ」。

例)いすず→いすゞ、おおた→おゝ田 など

「ヽ」「ヾ」

「一つ点」の片仮名用のものです。

使い方は平仮名用と同じで、カタカナを繰り返すときに使います。

「〃」

「ノノ点」といって、文字や数字、文章など、まとまりを繰り返すときに使います。

ダブルクォート「”」が変形したものらしいです。

「く」「ぐ」

「くの字点」といい、縦書きで使用します。

仮名二字以上を繰り返すときに使います。

この「く」「ぐ」は便宜上平仮名で表現していますが、もちろん平仮名のことではありません。

また、縦書きのときにのみ使われる記号で、横書きが前提であるコードでは設定されていないようです。

くの字点は環境依存文字なので、すべてのパソコンで同じように表示させることはできません。

Unicodeでは変換できますし、JISでもバージョンによっては出てくると思いますので、「きごう」を変換して探してみてください。

「おなじ」を変換してもでてくると思います。

「?」

「二の字点、揺すり点」といい、縦書きで使用します。

上の漢字の訓を繰り返すときに上の漢字の右下にそえて使います。

現在では「々」で代用されることが多く、まず目にしませんね。

二の字点も環境によって表示されません。

ほかに代用できそうな、似たような文字がなかったので一応変換しておきますが、表示されないことが多いかもしれませんね。

申し訳ないです。

形を言葉で説明すると、「〃」を左右反転させて、つなげて書いたみたいな感じです。

「仝」は「同」の異体字

JISでは記号扱いとなっていますが、Unicodeでは漢字に分類されていますし、れっきとした「人部」の漢字です。

「同」の異体字なので、読み方や意味は「同」と同じです。

シナでも使われています。

たとえば「水滸伝」には「朱仝(しゅどう)」という人物が登場しますし、唐代の文人「盧仝(ろどう)」も有名です。

日本でも、「仝じ(おなじ)」「仝一人物(どういつじんぶつ)」といった使用例があるようですが、かなり少ないですね。

また、建設業界では、慣例的に「仝上」「仝右」のように「同」のかわりに使うようです。

(09/05/27)

前の記事 「こめかみ」の語源 に戻る
次の記事 「林」と「森」の違い ついでに「杜」も に進む

  

この記事の更新状況

(09/05/27)掲載

スポンサード リンク