いろはにほへと いろは歌の話

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「いろは歌」とは

いろは47文字

いろは歌

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

最後に「ん」や「京」をつける場合がありますが、つけないのが正式です。

「ん」がないのに疑問をもつ人が「ん」をつけたしたり、いろはかるたの最後が「京の夢大坂の夢」となっていることから、「京」をつけたしたりしているようです。
本来の「いろは歌」には「ん」も「京」もありません。

「いろは歌」

「いろは歌」は、10世紀末から11世紀なかごろにかけて成立したとおもわれます。

当時、七、五を四回繰り返す「今様(いまよう)」という形式で歌を詠むのがはやっていて、「いろは歌」もその「今様」で詠まれています。

さらに、仮名47文字を一回ずつ使う(!)という制約でもって作られています。

そして、その内容も、決して無理やりなものでなく、すばらしい出来栄えですよね。

歌の中身、詠まれている内容は、非常に仏教的なもので、無常観を詠んだものとされています。

ながらく空海作とされてきましたが、いまでは否定されています。

いろは歌暗号説

いろは歌は、古い文献などでは七五調の句切り方ではなくて、七文字ごとに区切って書かれていることがあります。

この区切りの最後の文字を続けて読むと、「とかなくてしす(咎なくて死す)」となります。

このため、いろは歌は、作者が暗号を埋め込んだ歌だとする説があります。

人形浄瑠璃の仮名手本忠臣蔵(仮名手本とは手習い歌、すなわちいろは歌のこと)は、いろは47文字が赤穂四十七士にかけられ、「忠臣蔵」は蔵いっぱいの(沢山の)忠臣の意味、または忠臣=内蔵助の意味とされています。

これは、この暗号がおおくの人に知られていることを前提として書かれているため、という説があったりします。

また、同じように五文字目を続けて読むと、「ほをつのこめ(本を津の小女)」となります(本を津の己女、大津の小女といった読み方もある)。

つまり、「私は無実の罪で殺される。この本を津の妻へ届けてくれ」といった解釈ができるそうです。

いろはにほへ
ちりぬるをわ
よたれそつね
らむうゐのお
やまけふこえ
あさきゆめみ
ゑひもせ
いろはにへと
ちりぬるわか
よたれそねな
らむうゐおく
やまけふえて
あさきゆみし
ゑひもせす

手習い歌

手習い歌(てならいうた)とは、手で書く日本語の文字を覚えるために、すべての文字を一回づつ使って、覚えやすい歌の形にしたものです。
いろは歌もそのひとつですが、ほかにもあります。

天地の歌(あめつちのうた)

あめ つち ほし そら
やま かは みね たに
くも きり むろ こけ
ひと いぬ うへ すゑ
ゆわ さる おふ せよ
えのえ※を なれ ゐて

天 地 星 空
山 川 峰 谷
雲 霧 室 苔
人 犬 上 末
硫黄 猿 生ふ 為よ
榎の 枝を 馴れ 居て

※この「え」は、ヤ行の「え(je)」。

1行に名詞が4つ並ぶように作られているようですが、5行目で早くも動詞を使わざるをえなくなり、さらに6行目は無意味な言葉をならべただけになってしまっていて、作品としての出来はよいとは言えないでしょう。
しかし、他に適当なものがなかったために、いろは歌が普及する平安後期までは、手習い歌として広く使われていたようです。

「あめつち」「あめつちほしそ」ともいいます。

大為爾の歌(たゐにのうた)

たゐにいて なつむわれをそ
きみめすと あさりおひゆく
やましろの うちゑへるこら
もはほせよ えふねかけぬ

田居に出で 菜摘むわれをぞ
君召すと 求食り追ひゆく
山城の 打酔へる子ら
藻葉干せよ え舟繋けぬ

今様のいろは歌が登場するまでは、手習い歌としては天地の歌が主流で、こちらは五七調の歌であり、今様でなかったのであまりはやらなかったようです。

鳥啼歌(とりなくうた)

明治36年に、新聞で新しい「いろは歌(国音の歌)」が募集されました。

通常のいろはに、「ん」を含んだ48文字という条件で作成されました。

一位には、坂本百次郎の歌が選ばれ、「とりな順」として、戦前には「いろは順」とともに広く使われていました。

とりなくこゑす ゆめさませ
みよあけわたる ひんかしを
そらいろはえて おきつへに
ほふねむれゐぬ もやのうち

鳥啼く声す 夢覚ませ
見よ明け渡る 東を
空色栄えて 沖つ辺に
帆船群れゐぬ 靄の中

(07/06/10)

次の記事 急がば回れ に進む

関連記事

  

この記事の更新状況

(07/06/10)掲載

スポンサード リンク