「百人一首」とは、百人の歌人から一首づつ選んでまとめた歌集のことです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

百人一首とは

百人一首の成り立ち

百人一首とは、鎌倉時代の歌人、藤原定家(ふじわらのさだいえ、ていか)による私撰和歌集(天皇の命でなく、個人が趣味的に編んだ和歌集)です。

新古今和歌集のころまでの代表的な歌人百人を選んで、一人につき一首をよりだしてつくった詞華集(詩の選集、アンソロジー)です。

藤原家の宇都宮頼綱の別荘、小倉山荘の襖色紙にのせるために依頼され、百人の歌人の和歌を年代順に一首ずつ選んだものです。
男性79人(うち僧侶が15人)、女性21人の歌が選ばれています。

どれも古今集、新古今集などの勅撰和歌集から選ばれていて、歌道の入門書として読み継がれました。

成立当時には一定の呼び名はなくて、「小倉山荘色紙和歌」とか「嵯峨山荘色紙和歌」とか呼ばれていました。

関連書に、藤原定家の撰の「百人秀歌」というものがあります。
百人一首とほぼ同じ内容で、百人一首の原撰本(プロトタイプ)ではないかと考えられています。

歌かるた

江戸時代に入ると、木版画の技術が普及していって、絵入りの歌がるたとして広く庶民に広まっていき、人々が楽しめる遊戯として普及していきました。

現在では、歌集としてよりもかるたとしてのほうが知名度が高いですね。
かるたの文句だと思っている人も少なくないんじゃないでしょうか。

特にお正月によく関連付けられますが、最近はあまりかるたで遊ぶことは少なくなってきているようですね。

百人一首のかるたは歌がるたとも呼ばれます。

百枚の読み札と百枚の取り札、合計二百枚です。

読み札の表には大和絵ふうの歌人の肖像(歌仙絵巻などの意匠)、作者の名前、和歌が書かれています。
取り札には、すべてひらがなで下の句だけが書かれています。
読み札は色が付けられていますが、取り札は活字のみです。

異種百人一首

小倉百人一首以外にも、後世に作られた百人一首があります。
代表的なものを紹介します。

  • 新百人一首
    足利義尚(あしかがよしひさ、室町9代将軍)撰。
    小倉百人一首に選ばれなかった歌人の作を主に選定しています。
  • 武家百人一首
    榊原忠次撰。17世紀半ばの成立。
    平安時代から室町時代にかけての武人による和歌を採録しています。
    寛文6年刊。寛文12年に、菱川師宣の挿絵、和歌は東月南周の筆で再刊されました。
  • 後撰百人一首
    19世紀初頭、二条良基著。
    勅撰集だけでなく「続詞花集」などの私撰集からも採録しています。
  • 源氏百人一首
    天保10年(1839年)刊、黒沢翁満編。
    「源氏物語」に登場する人物の和歌を採録。
    肖像、人物略伝、和歌の略注をのせています。
  • 女百人一首
    嘉永4年(1851年)成立。
    平安、鎌倉時代の女流歌人の和歌を採録しています。
  • 愛国百人一首
    昭和17年(1942年)11月20日発表。
    奈良時代から幕末までの和歌の中から、愛国の情熱を詠いあげた歌を選んだものです。

(07/07/12)

前の記事 和歌 に戻る
次の記事 「若干」と「弱冠」の意味 に進む

関連記事

  

このページの更新状況

(07/07/12)掲載

スポンサード リンク