「林」と「森」、「杜」の違いを説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「林」と「森」の違い

日本語の「はやし」、「もり」ではなく、漢字の「林」と「森」の違いをまずは説明します。

林がつく熟語は多くが下についていますね。

「森林」「原始林」「杉林」「雑木林」「針葉樹林」「密林」など。

これらの「林」を「森」に置き換えて使うことはありません

林と森とは明確に違っていて、混用するものでも対立するものでもないんです。

林は、木や竹がたくさん集まって生えているところ。

同じものが並ぶ場所という意味で、杉林であれば杉がたくさん並んで生えている「場所」を指します。

森は、たくさんの木がびっしりと茂った、暗くこもった感じで陰気な様子をいいます。

つまり、「林」は場所を指し、「森」は様子を指していっているのです。

なので、「森林」は、「もり」や「はやし」の総称ではないんです。

「鬱蒼と茂っている様子の林」という意味です。

詳しく言うと、「森」な様子の「林」、つまり、「たくさんの木がびっしりと茂った、暗くこもった感じで陰気な様子」の「木や竹がたくさん集まって生えているところ」ということになりますね。

「はやし」と「もり」の違い

次に、日本語の「はやし」と「もり」の違いを考えます。

これは、少し説明が長くなりますが、やはり明確に違います。

「はやし」

まず、「はやし」ですが、これは「生やし」と同源のようです。

「生やし」は「生やす」が活用した形で、「映やす」「栄やす」「囃す」と同源です。

つまり、「はやし」の語源は「生やし」であり、木や竹などがたくさん生えているところに「映やす」「栄やす」などの思いを込めた表現として、「はやし」となったようです。

樹木は古くから日本人の生活にはかかすことはできないものですので、伐採が進んで木が少なくなると困るわけです。

なので、木の多く生えている場所に「活力」「繁栄」「美しさ」「神々しさ」などの気持ちが込められるのも自然なことでしょう。

「生やし」という言葉を、短絡的に「人間が「生やし」た」ととらえるのは少し違う気がします。

もとからあった林を人間が利用しつつ、「栄える(生える)」ように仕向けた、のかもしれません。

これは、植樹したこともあるでしょうし、間伐や下刈り、あるいは、ただ単に祈っただけのこともあるでしょう。

どちらにせよ、「はやし」には、人間の生活に関わる要素があるようです。

「もり」

「も」には、「本当にたくさんある」という意味があるようで、「もり(森)」の語源は、とてもたくさんある様子を指していう「盛り」のようです。

「もり(森)」と「盛り」は同源なんですね。

木々が「とてもたくさんある様子」なので「森(もり)」となったわけですね。

また、「もり(森)」の語源の「盛り」には、「盛り上がったところ」という意味づけがされています。

古くは、山と森は同一視されていたようです。

「〜ヶ森」という名前の山は、いたるところでみることができます。

盛り上がった状態を指して「山」といいますから、「もり(森)」と「山」が地面が盛り上がっている所とすると、同じものを指していますね。

ただ、「山」には必ずしも「樹木」がある必要はないですが、「もり」のほうには必要です。

はげ山を「もり」とはいいませんね。

盛り上がっているだけでは「森(もり)」とはいえないのです。

なぜなら、「もり」は、木が「本当にたくさんある」ことを指すからです。

「はやし」と「もり」の違い

人間の生活に深く関わっているのが「はやし」、盛り上がっている(山)、あるいは木が非常にたくさん鬱蒼としげっているのが「もり」。

「林」より「森」のほうが「木」が多いっていうのは、漢字からのこじつけですね。

つまり、「はやし」と「もり」の最大の違いは、木の数ではなく、そう呼ぶようになった日本人のメンタリティなんですね。

「活力」「繁栄」などの思いを込めて、裏の林を「はやし」と呼び、盛り上がっている、あるいは木が本当にたくさんあるのを見て、素直に「もり」と呼んだのではないでしょうか。

「杜」について

「杜」は「森」の詩的表現のように思っている人がいるようですが、まったく違います。

「杜」は本来「森」とはまったく違うからです。

神社の杜

漢字の「杜(と)」は、やまなしの木やその実をさしていますが、「門を閉ざす」の「とざす、とじる」という意味があります。

漢字においては「森」のような意味はまったくでてこないようですね。

神社の杜は、林のようにたくさんの木が生えているところを指しますが、神木や境内を指す場合もあるようです。

神社のもりに「杜(もり)」とあてたのは、神社やその集落の入り口を「とざし」、むらを「守る」という意味があったのではないでしょうか。

なので、「守り(もり)」つまり、「森」ではなく「杜」という漢字をあてたということのような気がします。

「まもる」から「もり」で、「とざす」ことから「杜」という字をあてた、という感じじゃないかと思います。

「森」と同様に木が茂っているので混乱している状況ですが、「杜」本来の意味と「森」には接点がありません。

「杜の都、仙台」

仙台は「杜の都」ともいわれますね。

これは元々「森の都」という表記だったようですが、仙台の多くの街路樹から、自然林でなく人工林との意味をこめて「杜」という字にしたようです。

しかし、「杜」には「人工林」という意味はまったくありません

どこかで間違った情報が入り込んで、なんか字面もいい気がするので「杜」にした、という印象がぬぐえません。

「もり」に「杜」をあてるのは、漢字としては当て字ですね。

  

このページの更新状況

(09/06/09)掲載

スポンサード リンク