ジグソーパズルのピースの形に関する豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ジグソーパズルの作り方

ジグソーパズルのピースの形は、その作り方に秘密があります。

まず、型紙に写真や絵などの図柄を印刷します。
次に、この紙を縦に切断し、そして横に切断してできあがりです。

1000ピースのパズルなら、縦に19枚の刃で切断し、次に横に49枚の刃で切断します。
すると、20×50で1000ピースのパズルができあがるのです。

ピースの形

ピースの形は、切断するときの「刃」の形で決まります。

切断するときには、違う歯形の刃をつかいますから、ピースの形が変わるわけです。

仮に、横に切断するときに同じ刃を使ったとしても、縦に切断するときに違う刃を使えば、ピースの形は同じものになりません。

このようにして、同じ形がひとつもないジグソーパズルのピースが出来上がるのです。

(07/02/09)

前の記事 日本の国旗「日の丸」の話 に戻る
次の記事 広さの単位「坪」の話 に進む

  

このページの更新状況

(07/02/09)掲載

スポンサード リンク