広さの単位「坪」についての雑学です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「坪」という単位の由来

「坪」という単位は、日本独特のものです。

唐の律令制をもとにして「大宝律令」がつくられましたが、続いて制定された「養老律令」の中の「田令」に、土地(田)の面積などに言及したところがあります。

田を民に分け与え(口分田)、税をとるために法律で定めたのです。
男性には2段、女性はその3/2と決められました。
1段=360歩です。
この「歩」がのちに「坪」という字があてられたのです。

紆余曲折あって、現在は「1反=300坪」です。

「一坪」の意味

現在、「一坪」といえば、およそ1,8メートル×1,8メートルで約3,3平方メートルです。
畳2枚分の面積ですね。
これは、これまで一定だったわけではなく、時代によって微妙に変化がありました。

この一坪の田からとれる米が一人の1日分です。
つまり、1段=360歩(坪)というのは、一人が1年に食べる分ということです。

「田令」によると、「1段は50束の稲が実る広さがあり、一束からは米5升をとることができる」とあります。
この時代の1升は今の4合くらいなので、5升×50束=250升は約千合となり、これが1年分なので365で割ると約3合となります。
成人一日分の米の量です。

養老律令によると、ここから年に2束を税として徴収していたようです。

その他の単位

「坪」などは、昭和34年に制定された「計量法施行法」によって、基本的には使わないことになっていますが、「尺(しゃく)」「合(ごう)」などと共に、生活のなかでは今でもよく使います。

これは、単位の決め方が人間本位になっているので使いやすいのです。
一日一人3合の米を食べるとして、その一日分の米がとれる面積を「一坪」とするように。(現在は、米の収穫量が変わってきていて、一年分が約一反(300坪)といわれます。)

ちなみに、一坪の1辺の長さが「一間(いっけん、1,8メートル)」です。
面積の単位は、30坪で一畝(せ)、10畝で一反(たん)、10反で一町(ちょう)となります。

1平米(へいべい)とは、1平方メートルのことです。
1立米(りゅうべい)は1立方メートルです。

1坪は1,8メートル四方ですから、1坪=約3,3平米です。

(08/05/13)改訂

前の記事 ジグソーパズルのピースの形 に戻る
次の記事 長さの単位、「メートル」の基準 に進む

  

このページの更新状況

(07/02/11)掲載
(08/05/13)改訂

スポンサード リンク