就学年齢が4月2日をさかいにしている訳について、関係する法律を説明します。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「年齢計算に関する法律」

「年齢計算に関する法律」によると、満年齢は誕生日の前日に達することになっています。
つまり誕生日の前日に年をとるということです。

4月1日生まれなら、3月31日に年をとります

就学時期の子供だと、誕生日が4月1日の子は、3月31日に満6歳ということです。

「学校教育法」

「学校教育法」では、「満6歳に達した日の翌日以降の、最初の学年の初めから就学させる」となっています。

つまり、4月1日生まれはの子供は、3月31日に「満6歳」になっているので、次の学年のはじめ、つまり、その年の4月から就学します。

4月2日生まれの子供は、4月1日に「満6歳」になるので、その次の学年のはじめ、つまり翌年の4月から、ということです。

考えてるとこんがらがってワケわかんなくなってきます。

要するに、4月1日生まれまでが「早生まれ」ということ。

そう、法律で決まってるの!

ああ、ややこしや。

(06/10/12)

  

このページの更新状況

(06/10/12)掲載

スポンサード リンク