「暑中見舞い」と「残暑見舞い」はどう違う?

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「暑中見舞い」とは

「暑中見舞い」とは、文字通り「暑中」に「見舞」うことを言います。

知人などを訪ねていったり、安否を気遣う手紙を出したりします。

現在でははがきで暑中見舞いを出すのが習慣となっていますね。

なんとなく、暑い時期に出すのはわかりますが、正確にはいつ頃だすのか、いつから残暑見舞いになるのか、はっきりとはわかりにくいですね。

暑中見舞いを出す時期

暑中見舞いを出す時期は「暑中」ですから、暦の上では小暑から大暑の間の期間をいうようですが、夏の土用の期間に出すのが慣わしです。

高知県産うなぎ蒲焼

高知県産うなぎ蒲焼

夏の土用は、丑の日にうなぎを食べたりしますが、立秋の前日までの約18日間をいいます。

昔からの習慣としては、相手方の地域が梅雨明けしてから土用の期間に届くように出すとされています。

この場合、梅雨明けが大幅に遅れてしまうと暑中見舞いの期間はとても短くなりますね。

また、梅雨明けせずに立秋を迎えてしまうと、暑中見舞いを出せないということになってしまいますね。

「残暑見舞い」とは

立秋を過ぎると、暦は秋になりますので、「残暑見舞い」となります。

「秋になったのにまだまだ暑いですね」という感じですね。

また、残暑見舞いの場合には、立秋を過ぎてから処暑までというのが正しいようですが、「かもめ〜る」を使う場合は、クジの抽選のこともあるので、遅くとも8月中に届くように出した方がいいですね。

時期についての注意点

ここでいろいろと暦の節気などの言葉が出てきましたが、年によって日付が変わっていたりしますので、正確な日付は暦やカレンダーなどを見て確認してください。

目安として今年(2009年)の場合、夏の土用が7月19日〜8月6日、立秋が8月7日、処暑が8月23日〜9月8日となってます。

無難なやり方としては、梅雨明けしてからの7月下旬に暑中見舞い、あるいは8月中旬に残暑見舞い、とすれば大丈夫だと思います。

暑中見舞いの文面

暑中見舞いの文面にも、パターンがあります。

基本は、始めに「暑中お見舞い申し上げます」などの季節の挨拶、次に先方を気遣う言葉や自身の近況などを伝える文章、最後に日付、となります。

「拝啓」や「敬具」などは不要です。

季節の挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」とか、「残暑お見舞い申し上げます」というのが一般的ですね。

決まり文句なので、紋切り型でもいいと思います。

相手が若い人の場合、「Summer greeting」などの表現もアリかと思います。

本文

よく「ご自愛ください」といった文章が使われますが、この「自愛」には、「体や健康に気をつける」といった意味が含まれていますので、「お体ご自愛ください」というのは重複表現になりますので注意しましょう。

「暑さが続きますが、ご自愛ください」で「暑いので、体をこわさないようにいたわってくださいね」という意味になります。

日付

「○年○月○日」としてもいいですが、日付をはっきりできないときには「○年○月」でもかまいません。

「○年 盛夏」などでもいいですね。

ただ、「盛夏」という言葉ですが、これは暑中見舞いにはいいですが、残暑見舞いの場合には避けた方がいいでしょう。

暦では秋になってますので、「晩夏」や「立秋」などの表現にした方がいいですね。

筆ぐるめ Ver.18 大盛 JUCW-3749

筆ぐるめ Ver.18 大盛 JUCW-3749

最近はパソコンのはがき作成ソフトで暑中見舞いを作る方も多いと思いますが、ソフトに入っている文例をそのまま使うこともあるでしょう。

上記の注意点を確認してから使いましょう。

残暑見舞いのつもりが「盛夏」というパターンのテンプレートを使いたい場合には、そこを修正するといいですね。

暑中見舞いに関する雑学

江戸時代には、「暑中見舞い」は相手宅に訪問し、夏負けを防ぐような食べ物を持参して贈り物にした。

欧米では、暑中見舞いという習慣は無い。

(09/07/30)

前の記事 尺貫法という単位系について に戻る
次の記事 ディズニーランドの雑学 に進む

  

このページの更新状況

(09/07/30)掲載
(11/07/25)更新

スポンサード リンク