注連縄のいわれについての豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

注連縄の種類

注連縄(しめなわ) 1尺

注連縄(しめなわ) 1尺

注連縄の種類としては、両端がすぼまっている「大根締め」、片側だけ細くなっている「ゴボウ締め」、わっかになった「輪飾り」などいろんな種類があります。

注連縄の起源

古事記にある、天岩戸事件がルーツとされています。

天照大神が天岩戸からひっぱり出されたとき、二度と天岩戸に隠れることがないように太玉命が注連縄(尻久米縄といわれる)で戸をふさぎました。
注連縄の向こうには行けないのです。

注連縄の意味

神聖、清浄でなければなれない場所に張り巡らし、ケガレなどの災禍の進入を防ぎます
つまり、注連縄を張り巡らした場所は、神聖で不可侵な場所です。

さらに、五穀豊穣、天下豊楽、商売繁盛、身体壮健をよろこび、いつまでも御家内に災禍なく、平穏であるようにという祈願の意味を表しています。

お正月を迎えて、玄関や自動車などに注連飾りをつけるのはこういう意味なのです。

(07/01/01)

前の記事 欧米の数詞 に戻る
次の記事 日本の国旗「日の丸」の話に進む

  

このページの更新状況

(07/01/01)掲載

スポンサード リンク