1/10や1/100、またそれ以上の小さい数について。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

小さい数

小さい数の数詞は、一ケタごとに名前がついています。(下数)

位の小さなものについては、書物などによって違いがあるようですが、最も有名なものを紹介します。

まあ、普通は「厘」か「毛」くらいまでしか使いませんけどね。

これは、漢字文化圏の数詞ですが、西洋では小さい数の数詞がはっきりとしてないみたいです。

一(いち) 100
分(ぶ) 10-1
厘(釐)(りん) 10-2
毛(毫)(もう) 10-3
糸(絲)(し) 10-4
忽(こつ) 10-5
微(び) 10-6
繊(せん) 10-7
沙(しゃ) 10-8
塵(じん) 10-9
埃(あい) 10-10
渺(びょう) 10-11
漠(ばく) 10-12
模糊(もこ) 10-13
逡巡(しゅんじゅん) 10-14
須臾(しゅゆ) 10-15
瞬息(しゅんそく) 10-16
弾指(だんし) 10-17
刹那(せつな) 10-18
六徳(りっとく) 10-19
虚空(こくう) 10-20
清浄(せいじょう) 10-21
阿頼耶(あらや) 10-22
阿摩羅(あまら) 10-23
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) 10-24

SI接頭辞

小さい数にもSI接頭辞があります。

10-1 デシ(deci) d 0.1
10-2 センチ(centi) c 0.01
10-3 ミリ(milli) m 0.001
10-6 マイクロ(micro) μ 0.000 001
10-9 ナノ(nano) n 0.000 000 001
10-12 ピコ(pico) p 0.000 000 000 001
10-15 フェムト(femto) f 0.000 000 000 000 001
10-18 アト(atto) a 0.000 000 000 000 000 001
10-21 ゼプト(zepto) z 0.000 000 000 000 000 000 001
10-24 ヨクト(yocto) y 0.000 000 000 000 000 000 000 001

語源

  • デシは、ラテン語の「decimus(10番目の意味)」
  • センチは、ラテン語の「centum(百の意味)」
  • ミリは、ラテン語の「mille(千の意味)」
  • マイクロは、ギリシャ語の「mikros(小さいの意味)」
  • ナノは、ギリシャ語の「nanos(小人)」
  • ピコは、イタリア語の「piccolo(小さい)」
  • フェムトは、デンマーク語やノルウェー語の「femten(15の意味)」
    10-15だから。
  • アトは、デンマーク語の「atten(18)」
    10-18だから。
  • ゼプトは、ギリシャ語の「septa(7)」、またはフランス語の「sept」、あるいはラテン語の「septem」
    10-21は1/10007だから。
  • ヨクトは、ギリシャ語の「octa(8)」
    10-24は1/10008だから。 「octo」では記号が「o」になって「0(ゼロ)」とまぎらわしいために「y」をつけた。

(08/05/29)

前の記事 大きな数の話 に戻る
次の記事 「池」と「沼」の違い ついでに「湖」も に進む
  

このページの更新状況

(08/05/29)掲載

スポンサード リンク