「除菌」「殺菌」「消毒」の違いについてのうんちくです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

除菌、殺菌、消毒の違い

「除菌」とは、石鹸などで洗い流したりして物理的に微生物を排除することです。
必ずしも微生物を殺すとは限りません。

「殺菌」とは、文字どおり微生物を薬品などを用いて死滅させることです。

「消毒」とは、有害な微生物のみを殺菌することです。

薬事法の規定

薬事法では、用語の使い方などにも規定があります。

「殺菌」「消毒」という用語の使用を認められているのは、消毒剤などの「医薬品」と薬用石鹸などの「医薬部外品」だけです。

台所洗剤などに、「除菌」という表現がありますが、実は「殺菌」「消毒」などの効果があっても薬事法の規定があるために「殺菌」「消毒」の用語が使えません。
「殺菌」「消毒」の効果のある洗剤もありますが、「除菌」という表現しかできないのです。

殺菌と消毒

薬用石鹸や消毒薬などでは、「殺菌、消毒効果があります。」という風に、「殺菌」と「消毒」をセットで使うことが多いようです。

「殺菌」と「消毒」の違いは、対象となる微生物が有害かそうでないかの違いです。
傷口の消毒薬や手洗い用の薬用石鹸などではそこまで厳密な区別は必要なく、有害でもなんでもとにかく微生物を殺す効果があればいいわけです。

ちなみに、抗菌は、微生物の増殖を抑える、というものです。
過剰な期待は控えたほうが無難ですね。

(06/10/12)

滅菌

滅菌(めっきん)」という言葉について、普段、あまりかかわりは少ないですが、「滅菌ガーゼ」などで目にすることもあると思います。

微生物などはもちろん、たんぱく質レベルまで含めて完全に死滅させることをいいます。
殺菌よりも徹底しているのです。
もともと生物学などの用語のようです。

(07/06/20加筆)

  

このページの更新状況

(06/10/12)掲載
(07/06/20)加筆

スポンサード リンク