「池」と「沼」の違い ついでに「湖」も

スポンサード リンク
スポンサード リンク

一般的な「池」「沼」「湖」の違い

一般的には、厳密には区別されてないですね。

湖は、潟、浦、淵、海、淡海(あわうみ)などとも呼ばれたりしますし、固有名詞では池、沼とともに区別がされてないようです。

大まかに区分けすると、

  • 湖…湖沼のうち比較的大きなもの。水深が5メートル以上あるもの。
  • 池…湖ほどには大きくなく、水深が浅いもの(5メートル未満)。
  • 沼…池との明確な区別はない。

こんな感じでしょうか。

イメージとしては、湖は広く深いもの、池はため池などの人工的なもの、沼は泥沼といわれるように水が濁った感じ、でしょうか。

湖沼学上の定義

湖沼学上は、水質や温度、形成要因などによって複雑に区別されています。

日本における「池」「沼」「湖」の定義としては、厳密な区別ではないですが、次のように分類されます。

  • 湖…天然の広くて深いもの。夏に水温成層がある。
  • 沼…水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域。
  • 池…人工的に造られたもの。

沼と池については、明確な区別ではなく、両者をあわせて池沼ともいいます。

湖の「夏に水温成層がある」というのは、水面近くの水が暖められていて、底のほうの水と温度差が出来るという意味です。

およそ5メートルくらいの水深がなければ水温成層ができないようです。

語源の違い

池の語源は、「いけ(生)」からと考えられているようです。

魚を生かしておくための池や、水田に水を供給するための「ため池」など、人工的なものを言ったようです。

湖は、古くは「うみ」とも読んでいました。

大きい意味の「う」と、水をあらわす「み」で「うみ」なんですが、広々と水をたたえたものを「うみ」と呼ぶわけで、湖もこれに含まれていたわけですね。

湖は「みず」+「うみ」で、「水海」のことです。

いわゆる「海」と違って淡水の水系をあらわしていたものですね。

沼の語源は、「塗る」「ぬめる」「ぬるぬる」などの「ぬ」に、「間(ま)」がくっついた言葉です。

この「ま」は「場(ば)」のことで、ぬるぬるした泥がある場所を指したようです。

「池」「沼」「湖」まとめ

湖は、湖沼のうち、天然の広くて深いもの。人工のものでも、ダム湖などのように規模が大きくて水深が深く、水が濁っていない、中心部に草が生えていないなど、沼とは言いにくいために湖と名づけられるものもある。

比較的小規模で、人工的に作られた、また管理されたもの。水田に水を供給するための人工的なため池が多い。ため池は、修理や整備などの人による管理が行われていて、不十分な場合などには決壊、崩壊したり、堆積によって埋まってしまったりすることもある。

湿地の一種で、水深が5メートル以内の水域であり、中心のほうまでイネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草があり、透明度が低いもの。

人工のものではなく、森の中などに自然にできたものですので、「池」とは違いますね。

また、湖のように広々とした様子でもないので「うみ」と表現されることもなかったようです。

河童がいるかどうか

池は人工のため池などのことで、水が澄んでいて、草も少なく、得体のしれないものが住んでいるイメージではないですが、沼の場合、草が生い茂り、水も濁っているのでいかにも何かが出てきそうな雰囲気があります。

なので、「河童が住んでいる」わけです。

つまり、池と沼の違いとして「河童がいるかどうか=河童がすんでいそうな条件」というのは分類上の法則に則っているといえますね。

念のために書いておきますが、河童は空想上の生物で、妖怪の一種です。現実には存在は確認されていません。

湖の雑学【おまけ】

  • 摩周湖は、河川とのつながりがないために、国土交通省が管轄する「湖」ではない。また、樹木も存在しないため、農林水産省の管轄でもない。つまり、法的にはだだっ広い水たまりとなっている。
  • 日本でもっともため池の多いのは香川県。雨が少なく、大きな河川がないため、生活用水や農業用水の確保のために古くから造られてきた。
  • カスピ海は、国際法上、海か湖か確定されていない。海とすると外国船の通過を許す国際条約が有効であるが、湖とするとその義務がなくなるため、議論が決着していない。
  • 反対に、アメリカ合衆国とカナダの間にある五大湖は、国際法上「海」とされている。

(09/04/24)

関連記事

  

このページの更新状況

(09/04/24)掲載

スポンサード リンク