干支、十干十二支、六十干支についてのうんちくです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

十干

古代シナから伝わったものですが、いわゆるナンバーとしてつかわれるものに、「十干(じっかん)」というものがあります。
陰陽五行説などから発達したものです。

十干 読み方 陰陽五行
こう、きのえ 木、陽
おつ、きのと 木、陰
へい、ひのえ 火、陽
てい、ひのと 火、陰
ぼ、つちのえ 土、陽
き、つちのと 土、陰
こう、かのえ 金、陽
しん、かのと 金、陰
じん、みづのえ 水、陽
き、みづのと 水、陰

「きのえ」や「ひのえ」の「え」は「兄(え)」で「陽」にあたり、逆に「と」は「弟(と)」で「陰」にあたります。
この「え」と「と」で「えと」という言葉になりました。

十二支

十二支は、わりとなじみがありますね。

子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
読みはそれぞれ
ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い

本来、順番や方角、時刻などにあてて使われたものですが、覚えやすくするためか動物をあててよばれるようになりました。(もともとは動物とは関係ない)

乾(戌亥)、いぬい
北西、21時
子、ね
北、0時
艮(丑寅)、うしとら
北東、3時
酉、とり
西、18時
↑これと
↓これを覚えると、
あとはなんとかなりますね。
卯、う
東、6時
坤(未申)、ひつじさる
南西、15時
午、うま
南、12時
巽(辰巳)、たつみ
南東、9時

↑時刻が間違っていたので訂正しました。(07/07/23)

「艮(うしとら)」の方角といえば北東、「子の時」は夜中の0時の前後2時間、というぐあいです。

午前午後は、正午(午の刻)の前と後という意味です。
子午線は、方角にあてた十二支の子(北)と午(南)を結ぶ線という意味です。

追加

「丑三つ時」というのは、「丑の時」を4つに分けた3つ目ということで、現在でいう午前2時〜2時半をさします。
「とき」は時間の範囲、「刻(こく)」はその時刻の瞬間をいいます。
時刻に関しては、少しややこしいので、詳しくは省略させていただきます。

(07/07/23)加筆

六十干支(ろくじっかんし)

干支(えと、かんし)は、正しくは、十干と十二支を組み合わせたもので、十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)の略です。

10と12の最小公倍数は60なので、干支は60で一周となります。
そのため六十干支(ろくじっかんし)ともいいます。
60歳を還暦(暦が還る)というのも、60年でまたもとの干支に還るからです。

1、甲子
きのえね
1984年
13、丙子
ひのえね
1996年
25、戊子
つちのえね
1948年
37、庚子
かのえね
1960年
49、壬子
みづのえね
1972年
2、乙丑
きのとうし
1985年
14、丁丑
ひのとうし
1997年
26、己丑
つちのとうし
1949年
38、辛丑
かのとうし
1961年
50、癸丑
みづのとうし
1973年
3、丙寅
ひのえとら
1986年
15、戊寅
つちのえとら
1998年
27、庚寅
かのえとら
1950年
39、壬寅
みづのえとら
1962年
51、甲寅
きのえとら
1974年
4、丁卯
ひのとう
1987年
16、己卯
つちのとう
1999年
28、辛卯
かのとう
1951年
40、癸卯
みづのとう
1963年
52、乙卯
きのとう
1975年
5、戊辰
つちのえたつ
1988年
17、庚辰
かのえたつ
2000年
29、壬辰
みづのえたつ
1952年
41、甲辰
きのえたつ
1964年
53、丙辰
ひのえたつ
1976年
6、己巳
つちのとみ
1989年
18、辛巳
かのとみ
2001年
30、癸巳
みづのとみ
1953年
42、乙巳
きのとみ
1965年
54、丁巳
ひのとみ
1977年
7、庚午
かのえうま
1990年
19、壬午
みづのえうま
2002年
31、甲午
きのえうま
1954年
43、丙午
ひのえうま
1966年
55、戊午
つちのえうま
1978年
8、辛未
かのとひつじ
1991年
20、癸未
みづのとひつじ
2003年
32、乙未
きのとひつじ
1955年
44、丁未
ひのとひつじ
1967年
56、己未
つちのとひつじ
1979年
9、壬申
みづのえさる
1992年
21、甲申
きのえさる
2004年
33、丙申
ひのえさる
1956年
45、戊申
つちのえさる
1968年
57、庚申
かのえさる
1980年
10、癸酉
みづのととり
1993年
22、乙酉
きのととり
2005年
34、丁酉
ひのととり
1957年
46、己酉
つちのととり
1969年
58、辛酉
かのととり
1981年
11、甲戌
きのえいぬ
1994年
23、丙戌
ひのえいぬ
2006年
35、戊戌
つちのえいぬ
1958年
47、庚戌
かのえいぬ
1970年
59、壬戌
みづのえいぬ
1982年
12、乙亥
きのとい
1995年
24、丁亥
ひのとい
1947年
36、己亥
つちのとい
1959年
48、辛亥
かのとい
1971年
60、癸亥
みづのとい
1983年

六十干支は年月日のそれぞれにあてられ、60年以外にも、60ヶ月(ほぼ5年)や60日(ほぼ2ヶ月)をあらわします。
干は幹・肝と、支は枝・肢と同源の漢字で、意味的にも通じるものがあります。
干は幹(みき)、支は枝(えだ)という理解でいいのかな?

ちなみに、「甲子」園球場は、きのえねの年(大正13年)につくられ、「戊辰」戦争は、つちのえたつの年(1868年)、「壬申」の乱は、みづのえさるの年(672年)におこりました。

なお、一般に干支といえば(特に「えと」と言うとき)、十二支のことをいいますが、厳密には六十干支のことをいうのが正しいです。

干支には、十干と十二支のすべての組合せのうちの半数しかありません。
例えば、「子」は5回ありますが、「甲子」はあっても「乙子」はないです。
これは、干支の周期が、10×12で120ではなく、最小公倍数の60だからです。

干支をきかれたら、「丑年です。」とか「申年です。」とかではなく、「丙戌(ひのえいぬ)」とか「癸未(みづのとひつじ)」とか答えると感心されるかも。

「なにそれ?」といわれる可能性もあるので、相手を選ぶ必要がありますけど。(まあ、そういわれたら、うんちくを披露するチャンスですけどね)

今年(2006年)は「丙戌(ひのえいぬ)」ですので、自分の生年を逆算して(上図参照)覚えておくといいでしょう。

25?37?などあいまいなものではなく、ずばり年がばれますので注意してください。

ややこしい話にながながとお付き合いありがとうございます。
おつかれさまです。
私も疲れました。

(06/11/16)

前の記事 日本語の数詞 に戻る
次の記事 トランプの話 に進む

  

このページの更新状況

(06/11/16)掲載
(07/07/23)訂正、加筆

スポンサード リンク