「ドレミの歌」で有名な「ドレミファソラシド」という音名についての話です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ドレミファソラシドの起源

聖ヨハネ賛歌

中世の賛歌で、ラテン語の歌詞です。
イタリア語、フランス語の音名の元になりました。

Ut queant laxis
Resonare fibr /is
Mira gestrum
Famuli tuorum
Solve polluti
Labii reatum
Sancte Johannes

(意味) あなたの僕(しもべ)が
声をあげて
あなたの行いの奇跡を
響かせることができるように
私たちのけがれた唇から
罪を拭い去ってください
聖ヨハネ様

グイード・ダレッツォが考案

この「聖ヨハネ賛歌」は、第1節〜第6節のはじめの音が順番に「C‐D‐E‐F‐G‐A」となっていて、そのことから、教会で合唱団を指導していた僧侶の「グイード・ダレッツォ」という人が、各節のはじめの文字を音名にすることを思いつきました。

すなわち、「Ut‐Re‐Mi‐Fa‐Sol‐La」を「C‐D‐E‐F‐G‐A」にあてたのです。

これは、そのままフランス語の音名になりました。

その後、イタリアでは、発音を容易にするために「Ut」は「Do」になりました。

第7節の2つの単語の頭をとると、「SJ」ですが、JはIの異体字であり、「Johannes」はフランス語で「Ian」なので、「Si」になりました。

こうして、イタリア語の音名「ドレミファソラシド」ができあがったのです。

「ドレミファソラシド」のいろいろ

アメリカでは「ドレミファソラティド」

「サウンド オブ ミュージック」で、「ドレミの歌」がありますね。
そこで歌われている音名は、「ドレミファソラシド」ではなく「ドレミファソラティド」です。アメリカでは「シ」が「ティ」なんです。

ペギー葉山さんの「ドレミの歌」は、これを日本語に訳してアレンジしたものです。
「シは幸せ」となってますよね。

原曲のほうは「Teaはパンとジャムと一緒に」なんて歌われています。

ちなみに「ド」は「doe」で牡鹿、「レ」は「Ray」で太陽光線、「ミ」は「Me」で「私」、「ファ」は「Far」で長距離、「ソ」は「Sew」で「縫い物」、「ラ」はなんと「ソ」の次!となってます。

ヒンドゥー語の「ドレミファソラシド」

インドやネパール、バングラデシュなどでは、「ドレミファソラシド」は「サレガマパダニサ」というそうです。

音階について

日本語の音名は「ハ‐ニ‐ホ‐ヘ‐ト‐イ‐ロ」ですね。
これに対応するのが英語では「C‐D‐E‐F‐G‐A‐B」です。

ハ長調とか二短調とか聞いたことありますよね。
英語だと「Cメジャー(スケール)」とか「Dマイナー(スケール)」となります。

日本式
フランス式 Ut(Do) Re Mi Fa Sol La Si
イタリア式 Do Re Mi Fa Sol La Si
アメリカ式
ドイツ式

つまり、普段「ドレミファソラシド」っていってるのはイタリア語なんですね。

(07/04/27)

前の記事 長さの単位、「メートル」の基準 に戻る
次の記事 医薬品、医薬部外品の違い に進む

  

このページの更新状況

(07/04/27)掲載

スポンサード リンク