トランプに関する雑学、豆知識です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

4つのマーク

トランプには、ハート、スペード、ダイヤ、クラブの4つのマークがあります。
これはただの記号でなく、実は意味があるのです。

タロットには、僧侶をあらわす「聖杯」、軍人をあらわす「剣」、商人をあらわす「貨幣」、農民をあらわす「棍棒」の4つのマークがあります。
これがそれぞれ「ハート」「スペード」「ダイヤ」「クラブ」に変化したのです。

ハートはもともと「杯」の形だったのがだんだん心臓の形に変化しつつ「ハート」と呼ばれる今の形になりました。
スペードは「剣」の形をデフォルメしたもので、イタリア語の「スパーダ(剣)」が語源です。
ダイヤは、商人の富の象徴である「ダイヤモンド」の形からで、クラブは棍棒についていた「クローバー」がもとになりました。

「K」「Q」「J」の絵にはモデルがいる

「K」と「Q」が夫婦で「J」が息子のようなイメージがありますが、じつは家族というわけではないのです。
想像の絵ではなく、モデルになった人物があるんです。
諸説ありますが、もっともポピュラーな説を紹介します。

「K」 キング

  • ハート   カール大帝(西ローマ帝国を再建した。一人だけひげがない)
  • スペード   ダビデ王
  • ダイヤ   ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)
    (剣でなく、古代ローマの権威の象徴であるマサカリをもっている)
  • クラブ   アレキサンダー大王

「Q」 クイーン

  • ハート   ユディト(ユダヤの伝説上のヒロイン)
  • スペード   アテナ(ギリシャ神話に出てくる戦いの女神)
  • ダイヤ   ラケル(聖書にでてくるヤコブの妻)
  • クラブ   エリザベスT世

「J」 ジャック

  • ハート   ラ・イール(ジャンヌ・ダルクと戦った)
  • スペード   オジュール・ラ・ダン(チャールズ皇帝の従兄弟)
  • ダイヤ   サー・へクター(アーサー王の円卓の騎士)
  • クラブ   サー・ランスロット(アーサー王の円卓の騎士)

数について

トランプのスイート(連続しているもの、この場合は絵柄、スートとも)は13枚で、全体では13×4=52枚です。
なんか半端な数ですが、実は深い意味があります。

トランプのルーツは前述のとおり占いに使うタロットです。
占いには「暦」が深く関係してます。

トランプのカードが52枚なのは、1年が52週であるから。
スイートはそれぞれ四季の象徴で、季節が13週ずつあるという意味です。
すべての数を足していくと、1〜13で91、×4で364、これにジョーカーの1を足すと365で1年の日数になります。
占いにはとても使いやすくできています。

なかなか奥が深いですね。

(06/12/08)

訂正

「トランプのルーツはタロット」と書きましたが、どうやら違うみたいです。
タロットと、トランプの普及する時代を考えると、「トランプのルーツはタロット」と考えるより、別々に発展したと考えるほうが自然なようです。

一般的にも、トランプのルーツはタロットといわれますが、それはまちがいで、トランプとタロットのルーツが同じ、ということのようですね。
タロットとトランプはまったく別に発展したようです。

(07/01/14加筆)

前の記事 干支の話 に戻る
次の記事 2月が短いわけ に進む

  

このページの更新状況

(06/12/08)掲載
(07/01/14)加筆

スポンサード リンク