温泉卵の作り方 レシピ。とろんとおいしい!温泉卵の作り方。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

温泉卵の作り方 その1「電子レンジ」

電子レンジを使って、簡単お手軽に作る方法です。
簡単ですので、試してみてください。

  1. まず、卵を常温に戻しておきます。
  2. 卵をマグカップや湯のみなどに割りいれ、卵がひたるくらいの水を入れます。大さじ2くらい。
  3. 黄身を爪楊枝ですばやく一刺し!
  4. レンジで約1分チンします。

電子レンジの出力や、気温、卵の温度などによって、時間の調整が必要です。
そのままだと破裂するので、必ず爪楊枝で黄身に穴を開けてください。
仕上がりは、温泉卵というよりも、ポーチドエッグという感じ。
残念ながら、黄身より先に白身が固まります。

温泉卵の作り方 その2「炊飯器」

炊飯器で作る方法です。ご家庭に必ずあると思います「炊飯ジャー」の、保温状態を利用します。

ご飯を保温している炊飯ジャーに、常温の卵を入れます。
ご飯との接触がいやな方はラップでくるんでください。
そのまま30分間放置します。
管理人はやわらかめが好きなので、これがサイコーです。

市販の温泉卵に近い仕上がりがいい場合は、放置時間を60分間にします。

炊飯器で作る場合も、製品によって、また、気温や卵の温度によって、放置時間を調整するといいですね。

温泉卵の作り方 その3「お湯」

以前、TV番組で紹介されていた方法です。

  1. 下ごしらえとして、あらかじめ卵を冷凍庫で凍らせておく。
    前の晩から入れとけばいいでしょう。
  2. 鍋に、湯を沸かします。分量に気をつけてください。
    • 卵1個のときは、1リットル
    • 卵2個のときは、1.2リットル
    • 卵3個のときは、1.8リットル
    • 卵4個のときは、2リットル
  3. 湯が沸いたら、火を止めて湯に卵を入れ、ふたをします。
  4. 20分間放置した後、すぐ冷水で十分に冷やします。

出来上がりです。
お湯の分量と、放置時間を、やはり調整してくださいね。

温泉卵の作り方 その4「コーヒーメーカー」

コーヒーメーカーがある場合、手軽に温泉卵が作れますよ。

  1. コーヒーメーカーに水と卵をセットします。卵の分だけ、水は減らしてください。
    容器から水が溢れないように。
  2. スイッチを入れて、水が全部ガラス容器に移った時点から、12〜15分間放置します。
  3. 時間がたったら、ガラス容器のお湯を捨てて、水を入れて冷まします。

これも、メーカーなどによって、放置時間を調整してください。

温泉卵のおいしい食べ方

最後に、温泉卵の活用法について少し紹介します。

そのまま食べる場合、だし醤油やめんつゆなどをかけるかと思います。
我が家では、「讃岐(さぬき)風、手打ちうどんの作り方〜食べ方、出汁のとり方」で紹介した出汁をかけます。

しょっからいので気をつけて。
うすめてかけてもいいですね。

あと、おススメなのが、牛丼や豚キムチ丼など、丼物の上にのせて食べるという方法です。
ちょっと辛い目のもののほうがあうでしょう。
あと、カレーライスにもいいですね。

麺類にのせてもおいしいですよ。
ラーメン、うどん、焼きそばなど、お好みでどうぞ。

(07/10/13)

  

このページの更新状況

(07/10/13)掲載

スポンサード リンク